長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

西九州メディア

代表取締役

森田 記祥

西九州メディア 森田 記祥

所在地 長崎市家野町5-19NMビル2階

電話 (095)848-4331

西九州メディア

代表取締役

森田 記祥

長崎拠点のグローバル企業へ

 電気通信工事業を出発点に1995年に設立しました。最初は一人でスタートし、周りのいろいろな方々に支えていただきました。創業から25年。今では、電気通信工事などを手掛ける「ECN事業部」、システム開発などの「ITソリューション事業部」、国内メーカーのワイヤレススピーカーなど電気機器や輸入商材を扱う「通販部門」、長崎市内でインターネットカフェ「フリースペース」2店舗を展開する「サービス事業部」の4事業まで拡大しました。

 関連会社も3社あります。「メディアコンテンツサービス」は居酒屋などのサービス業やイベント向けにモバイルバッテリーをレンタルしたり、販売したりしています。「Okayo  Japan」は2019年4月に設立した台湾メーカーとの合弁会社で、ポータブルスピーカーを官公庁や学校などに販売しています。台湾には現地法人も置いています。

 地方の企業がいかにグローバル企業に成長していけるかを常に考えながら、事業を展開してきました。無限の可能性のある会社だと自信を持っています。

 社会貢献の一環で大学生の就労支援にもかかわっています。起業を目指す長崎大学の学生の話を聞いてアドバイスしたり、有償のインターンシップ生を受け入れたりしています。こういった活動をしている理由は、若者に地元企業で働いてほしいからです。本県は人口減少が特に進んでいますが、人がいなくなるのはやはりよくない。地方の企業でもチャレンジすれば何でもできると証明し、若い人材が県外に流出するのを食い止めたいです。

 

出身校/式見高校

好きな言葉/心を高める、経営を伸ばす

健康法/出張