長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

星光

代表取締役

城  健次

星光城  健次

所在地 長崎市御船蔵町1-20星光ビル

電話 (095)895-5253

星光

代表取締役

城  健次

警備のプロとして市民生活守る

 2020年には法人化してから25周年を迎えます。創業当初は工事現場での交通誘導業務が中心でしたが、現在は官公庁や病院の施設警備を中心に、花火大会などの地元行事、スーパーの売り出し、新店舗開業に合わせた警備業務などを行っています。また警察署と共同で市民の暮らしの安全を守る機会も多く、商店街のパトロールや放置自転車の撤去など、幅広い活動に取り組んだ経歴があります。近年は特に商業施設や病院において、決められた警備業務だけではなくサービス業としての案内なども求められます。そうした中で弊社は接遇マナー研修を独自に行い、警備スタッフのスキルアップに取り組んでいます。

 さまざまな場所で当たり前のように活躍している警備スタッフですが、決められた検定試験を合格しなくてはその業務を担当することができません。交通誘導や雑踏警備、施設警備など、業務内容によって必要な資格の種類が異なり、どれも高いレベルが求められます。だからこそ警備業界は〝人〟が何より大切です。その中で社員のモチベーション・スキルアップにつながればと、指導教育責任者の資格を持つ社員の指導業務には手当を与えて、会社として率先して評価しています。資格を取得して終わりではなく、きちんと生かせる環境づくりが大切です。

 民間の警備会社が請け負う業務範囲は以前よりも拡大しています。だからこそプロの仕事として市民の方々にも広く知っていただきたく、今後もメディアを駆使したPR活動や、地元ミュージシャンの後援を通したイメージアップ戦略にも力を入れていきたいです。

 

好きな言葉/小さな事から会社は変わる

健康法/クレー射撃、ライブ鑑賞