長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

上山建設

代表取締役

上山  誠

上山建設上山  誠

所在地 東彼杵郡波佐見町湯無田郷849-1

電話 (0956)85-6000

上山建設

代表取締役

上山  誠

「人間力」が生み出す温かな家

 先代の父の跡を引き継ぎ12年目になります。理想の住環境を実現するために自社施工の直接工事システムを貫いています。土木、建築、左官、水道を手掛ける職人は全員社員で、最初から最後まで一貫した現場管理が可能。お客様のご要望に柔軟に対応でき、アフターサービスの充実にもつながっています。

 特に心がけていることは、お客さまとしっかり向き合うことです。マニュアル通りでなく、ときには紆余曲折しながらでも、一緒に悩みながらいい家を造りたい。かゆいところに手が届きすぎるぐらい丁寧な仕事をします。

 そのために、社員一人一人が「心」と「人間力」を高めるよう努めています。社員には、日ごろから家族も遊びも大切にして、多くのことに関心を持つよう呼びかけています。一回きりの人生なので仕事以外も充実させてほしいと願っています。そして、AIやITではできない、人間にしかできない温かみのある家を一生懸命造っていきたいと思っています。

 昨年は弊社が建設に携わった「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」(東京)が2019年日本建築学会賞を受賞しました。東京五輪・パラリンピックを控え、健常者や障害者を問わず多くの人に走ることを提供する施設で、建設にはCLT(直交集成板)工法を採用しています。今後もCLT工法や、ほかの新しい技術にもチャレンジしたいと思っています。

 地元の波佐見町は陶芸の町。職人と同じく「手(仕事)がきれい」と評価される家造りを続け、地域に必要とされる企業として成長を続けたいと思います。

 

出身校/広島工業大学

好きな言葉/感謝

健康法/ゴルフ、釣り、ルームランナーでランニング