長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

Rafa Event

代表取締役社長

吉岡 拓哉

Rafa Event吉岡 拓哉

所在地 諫早市小船越町1131-3

電話 (0957)56-9400

Rafa Event

代表取締役社長

吉岡 拓哉

地元長崎から5年以内に上場を

 2013年創業のベンチャー企業です。現在はリユース事業を中心に長崎、広島、愛知、東京と拠点を拡大し全国的に展開しています。主力の「ピンチヒッター」は、新古・中古の野球用品の買い取り・販売に特化したサービス。現在では業界最大手へと成長しました。

 総花的に買い取るのではなく、ニッチな市場を深く掘り下げているのが弊社の特徴です。特定の分野で顧客情報を着実に蓄積し、そのノウハウを構築することで、最終的には横、縦への広がりが生まれてきます。昨年、スポーツ業界最大手、アルペンとの業務提携が実現し、事業拡大の可能性はさらに広がりました。

 営業マンが足を使って開拓したピンチヒッターの加盟スポーツ店はおかげさまで全国約220店。取引スポーツ店は約2000店に上り、BtoC向けに業界初の先振り込みも確立しました。月間買取数は約1万8000点。圧倒的な日本一となりました。販売についても買取を行った月に全てを売りきる販売力も弊社の強みです。

 リユース業界でBtoBが強い会社はまれです。一般的には個人から買い取る形だと思いますが、弊社は創業当時からビジネスモデルと営業マン教育をセットで考えてきました。その営業力をBtoCにも応用する事で現在のポジションを確立する事ができました。

 社員約20人。20代中心の若い会社ですが、昨年資本提携を行った大黒屋(大村市)の協力を受け、長崎で創業した社長として最年少となる上場を5年以内に実現したいと考えております。今後はSNS開発、海外展開など事業領域を拡大していきたいです。

 

◎出身校/長崎国際大

◎好きな作家と本/各種経営者の著書

◎リフレッシュ法/長風呂、ジョギング