長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

玉木建設

代表取締役

玉木 隆治

玉木建設玉木 隆治

所在地 長崎市椎の木町8-11

電話 (095)821-0309

玉木建設

代表取締役

玉木 隆治

お客さまの理想を形にする

 1967年に創業し、一般住宅の新築やリフォーム、公共工事に加え、20年ほど前からはMRIやCTなど画像診断を行う部屋で特殊防護を行う医療設備工事にも取り組んでいます。

 熊本地震以降、耐震への関心の高まりを実感しています。当社はパナソニックの耐震住宅工法「テクノストラクチャー」を採用していて、お客さまには建築基準法の耐震基準の1・5倍に当たる「耐震等級3」をお勧めしています。現在は3分の1くらいの割合で「等級3」が選ばれています。

 また断熱材や防アリ対策には自然素材を使い、健康にも配慮した家づくりを心掛けています。

 こうしたハード面に加え、お客さまの理想を形にするソフト面の充実にも取り組んでいます。水回りの手入れのしやすさや収納スペースの確保など、生活する一人一人の視点を家づくりに生かせるよう、お客さまの「思い」に耳を傾けることを大切にしています。

 住宅建設は諫早市や大村市での実績が増えていて、1月中旬には諫早市真崎町にモデルハウスがオープン。ぜひ私どもの家づくりをご覧いただきたいですね。

 住宅建設と並ぶ事業の一つが、医療設備工事。画像診断を行うMRI装置に鮮明な画像を映し出すには、強い磁場を抑制する特殊な工法が必要ですが、弊社は医療機器メーカーのパートナーとして実績を重ねてきました。九州全域、関東地域の病院で施工しています。

 大切にしているのは「感謝」という言葉です。お客さまに対してはもちろん、ともに支え合う仲間同士を思いやるチームワークが重要と考えるからです。

 

◎好きな作家と本/実用書が多い。特に経営者が書いた本で人材育成に関するものを手に取ることが多い。

◎リフレッシュ法/ゴルフ