長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

長崎日本大学学園

理事長

野上 秀文

長崎日本大学学園野上 秀文

所在地 諫早市貝津町1555

電話 (0957)26-0061

長崎日本大学学園

理事長

野上 秀文

新たなる未来を創造する学園へ

 本校は1967年創立。校訓である「至誠・勤労・創造」を教育の根幹に据え、豊かな人間性と高い学力を備えた「生徒が主役」の学園を目指し、特色のあるコース、多彩なカリキュラム、活発な部活動を生徒に提供しながら「文武両道」の進学校として歩みを進めてきました。

 昨年の進路実績では一橋大学2人をはじめ、九州大学、長崎大学といった国公立大学などに96人、日本大学に137人が合格。医学部医学科にも長崎大学などに7人が合格しました。部活動では県高総体で柔道、サッカー、ハンドボールが優勝、剣道女子が準優勝するなど活躍を見せてくれました。

 創立50周年を記念し建設していた新校舎も昨年1月に完成。構想から10年。耐震性など安全面はもちろんのこと、開放感のあるエントランスをはじめ、教室や各施設など設備面でも生徒にとって最高の教育環境になるよう考え抜かれた校舎です。

 本校の教育課程の目玉として2017年度に誕生した中高一貫教育の生徒を主とした「クリエイトコース」があります。2020年度からの大学入試制度改革を見据えたコースであり、同時に国際感覚豊かな英語が話せるグローバルな人材育成を目指すコースです。各学年ごとに到達目標を定めた従来の本校独自の英語教育(GEP)に、ライフスキル教育と九州初の言語技術教育を取り入れ、その成果を期待しているところです。

 今後、学園は教育理念に掲げる世界の平和と人類の福祉に貢献できる人物を育成する「新たなる未来を創造する学園」を目指し、まい進していく所存です。

 

◎出身校/日本大学

◎好きな作家と本/司馬遼太郎「世に棲む日日」

◎リフレッシュ法/ジョギング、音楽鑑賞