長崎新聞トップ

リストから探す

インタビュー協力:

閉じる

TopInterview

リーダーが語る、長崎のその先の風景。
地元経済のけん引役となる各界の皆さんは“長崎のその先の風景”をどのように展望し、さらには描いていくのでしょうか。
企業・団体のトップに、事業の成長戦略や地域活性化への思いなど、年頭所感をうかがいました。

上山建設

代表取締役

上山 誠

上山建設 上山 誠

所在地 東彼杵郡波佐見町湯無田郷849-1

電話 (0956)85-6000

上山建設

代表取締役

上山 誠

お客さまの思いと、社員の人間力

 先代の父親を引き継ぎ、11年になりますが、理想の住環境を実現するため自社施工の直接工事システムを貫いています。責任を持って施工するために土木、建築、水道設備などを手掛ける職人は全員社員で、私を含め一級建築士が在籍しています。

 快適で安全な住宅を建てるのは当たり前のこと。その上で、お客さまの思いを大切にし、信頼して任せていただけるよう、私たち一人一人の「心」と「人間力」を高めるよう努めています。社員には日頃から、家庭も遊びも大事にし、多くのことにも関心を持つよう呼びかけています。

 住まいづくりは、お客さまの家族のライフステージの変化まで見据え、一部屋一部屋が将来的にも必要かまで相談に応じながら、進めていきます。時には「その部屋は本当に必要ですか」とお尋ねすることもあるんですよ。近頃手掛けた住宅のお子さまから「(職工の)お兄さんのような大工になりたい」という言葉をいただきました。励みになります。

 施工の面では、オーストリアを中心に発展してきた高強度のCLT(直交集成板)など新技術も積極的に導入。最近も、まちづくりで評価が高いポートランド(米国オレゴン州)の視察に参加し、参考になる収穫が多くありました。日本は建築上の規制が多く、米国とは住宅敷地の広さも異なりますが、可能な限り取り込んでいこうと考えています。

 拠点を置く波佐見は、陶芸の伝統が根付いた町。波佐見焼の職人と同じく「手(仕事)がきれい」と評価される住まいづくりを続け、成長を遂げていきたい。

 

◎出身校/広島工業大学

◎好きな作家と本/司馬遼太郎、松下幸之助

◎リフレッシュ法/ゴルフ、釣り