「ハウステンボスのバラ」画・名嘉睦稔

コンサート&イベント

沖縄本土復帰50周年/ハウステンボス30周年記念 名嘉ボクネン展 ―美ら花、美ら光―

2022/04/18 [ 20:59 ] 投稿

 

 沖縄本土復帰から半世紀の節目となる2022年の春、花々が咲き乱れるハウステンボスで、木版画家・名嘉ボクネンの一大個展を開催します。

「ハウステンボスのバラ」画・名嘉睦稔

 

 1953年、沖縄県伊是名(いぜな)島に生まれた名嘉睦稔は、「ボクネン」の愛称で知られる沖縄を代表するアーティストです。木版画、イラスト、彫刻、琉歌、作詞・作曲など、各方面で多彩な才能を発揮しています。

 強烈な光と色鮮やかに咲く花々、青くきらめく海―…。ボクネンは、自然や人間の美しさを「裏手彩色」を施した木版画で表現し続けており、これまで、各省庁からの制作依頼や教科書への作品掲載など、高い評価を得ています。

「部瀬名岬」 -2000年九州・沖縄サミット記念作品-

 本展では、ボクネンがこれまでに手掛けた約2,400点もの作品の中から、「花と光の感動リゾート」ハウステンボスに合わせ「花」「光」をテーマにした作品を中心に、過去最大級の約90点を選出。

「万華祝砲」

 県外初展示となる初期の「おきなわのお嬢さん」シリーズ(線描画)や数々の代表作のほか、長さ11メートルにも及ぶ大作「大礁円環」、さらにハウステンボスをテーマに制作された新作も初公開します。

「花冠」 -沖縄県外初展示・線描画「おきなわのお嬢さん」シリーズ-

ここでしか味わえない特別な構成で開催する「名嘉ボクネン展 ―美ら花、美ら光―」。

力強く、豊かなエネルギーに満ち溢れたボクネンワールドをご堪能ください。

 

■開催情報

【会  期】2022年4月23日(土)~6月27日(月) ※会期中無休

【会  場】ハウステンボス美術館

【開館時間】9:00~18:00(最終入場17時半)

【料  金】パスポート対象施設

      ※美術館のみの単館入場券はございません。ハウステンボスの入場パスポートでご入館いただけます。

 

■作家プロフィール

名嘉睦稔(なか・ぼくねん)

1953年、沖縄県伊是名島生まれ。大自然に育まれた豊かな感性を持つアーティスト。

イラストレーターとしてアーティスト活動を開始し、独自の表現を探求する中で木版画に開眼した。木版画作品は、版画の白黒の画面に裏から色を入れる「裏手彩色」と呼ばれる手法で制作する。

これまでに、外務省・郵政省(当時)・環境庁などから制作依頼を受けたほか、木版画だけでなく様々な分野で才能を発揮し続けている。

 

主  催   ハウステンボス

共  催   長崎新聞社

製作協力   ボクネン美術館

後  援   長崎県、長崎県教育委員会、佐賀県、佐賀県教育委員会、佐世保市、佐世保市教育委員会

イベント詳細

期間 2022年4月23日(土)~6月27日(月) 
会場 ハウステンボス美術館(佐世保市ハウステンボス町1-1 パレスハウステンボス内) 
費用 パスポート対象施設 ※美術館のみの単館入場券はございません。ハウステンボスの入場パスポートでご入館いただけます。
公式サイト  https://www.huistenbosch.co.jp/event/bokunen/
備考