コンサート&イベント

日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル in 九州

2020/09/15 [ 18:49 ] 投稿

 「日本人と自然」を障害者の視点を通じて国内外に発信する、文化芸術フェスティバルを開催します。障害者の芸術表現、そして障害者が自身の特性とともに生きる様には、日本人が縄文時代から持つ、四季折々の天然の色彩、音の風情を慈しむ心が強くにじみ出ています。本フェスティバルは全国の50万人の関係者および厚生労働省と連携して、2020年から2年間かけて全国7ブロックで展開します。九州ブロックでは、歴史的な観光資源が数多く存在する長崎を舞台に、本イベント最大規模の展覧会や食のイベントを開催、障害者の舞台芸術をオンライン上で発信します。

PROJECT1

アール・ブリュット日本人と自然-in九州

2020917日(木)~26日(土)10:0018:00※会期中は休館日なし

長崎県美術館県民ギャラリー(長崎市出島町2-1)

入場無料

「日本人と自然」をテーマに、全国の作品と九州の各地から選出された作品を展示。展覧会は、「アート日常一直線 生活環境 身の回りの世界」「線と色彩 跳び立つかたち 抽象 ストローク 点描」「いのちエネルギー噴出 動物 人 植物」「遠くを見つめる視線 未来 過去 見知らぬ世界 宇宙 空想」の4つのエリアに分けて作品を展示します。

 ※917日(木)11:0012:00 キュレーターによるギャラリートークを開催します。

 

PROJECT2

障害者による舞台芸術 ウェブ配信 

コチラをクリック⇓  

瑞宝太鼓コンサート

2020919日(土)13:3015:00

 国内外で高い評価と公演実績を有する、地元・長崎が誇る、知的障害者の和太鼓集団「瑞宝太鼓」の公演を無料配信します。

 

PROJECT3

「農×福×食」九州の食を味わうイベント 

 日本の食の豊かさ、おいしさを障害者の視点とともに発信

料理研究家、服部幸應氏監修。服部栄養専門学校のシェフたちにご協力いただき、

長崎の福祉事業所で大切につくられた食材を使った特別メニューをご用意。

服部氏の講演と、特別メニューを味わっていただく食イベントです。ぜひご参加ください。

 

2020年9月21日(月・祝)11:00~13:30

登利亭 国見店(雲仙市国見町多比良戊291ー1)

参加費2, 000円(食事代込)定員50名(先着順・要予約)

※申し込みは締め切りました。

※手話通訳あり ※申込締切は9月14日(月)

 

ご来場の皆さまへ=全イベント共通=

新型コロナウイルスに関するお願い

発熱や咳・咽頭痛などの症状が当日ある場合は来場をお控えください。

当日はマスク着用でご来場ください。

入場時にサーモグラフィー等による検温を行います。

詳しくは下記ホームページをご確認ください。

https://artbrut-creation-nippon.jp/2020kyushu/

バリアフリーの取り組み

来場者の滞在や鑑賞をサポートする窓口となるウェルカムセンターを設置するなど、障害の有無に関わらず誰もが楽しめるような取り組みを行います。詳しくは上記ホームページの 「誰もが参加できるために」をご覧ください。

 

【主催】文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障害者の文化芸術活動を推進する全国ネットワーク、障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会、日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルin九州ブロック実行委員会

【共催】2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障がい者の芸術文化活動推進知事連盟、長崎新聞社

【連携】厚生労働省、障害者芸術文化活動普及支援事業連携事務局((社福)グロー)

 

【問い合わせ先】

日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルin九州ブロック実行委員会

( 事務局:社会福祉法人 南高愛隣会 )

TEL:0957-24-3600 FAX:0957-47-5033 

Mail:unzen@airinkai.or.jp

イベント詳細

期間  
会場  
費用  
公式サイト  
備考