採用情報

新卒採用

先輩社員の声

募集概要

■応募資格:2021年3月に四年制大学または大学院を卒業見込みの方、もしくは卒業生(社会人経験者含む)

■年齢要件:入社時30歳未満(経験不問)=長期勤労によるキャリア形成を図る観点から若年者等を募集

■応募方法:まずマイナビ2021からエントリーしてください。試験日程等は個別にお知らせします。マイナビをご利用でない方はこのホームページからもエントリーフォームに直接アクセスできます。

※エントリーは締め切りました

■申込期間:2020年5月7日(木)まで

■選考方法:エントリーシート、小論文、面接など

※新型コロナウイルスの感染拡大の影響で試験日程、実施方法を変更しました。

■採用後の待遇

・基本給:大卒・院了 195,000円(一律住宅手当含む)

・勤務地:長崎県内各地、東京、大阪、福岡

・勤務時間:所定労働時間7時間(職場、勤務によって出退勤の時間が異なります)

・諸手当:通勤手当、家族手当、役職手当、資格手当、超過勤務手当など

※基本給に含まれる住宅手当とは別に、30歳までの社員には家賃の一部補助があります。

・昇給 年1回

・賞与 年4回(7、8、11、12月)

・休日・休暇 年間休日112日(年末年始と夏季の特別休暇各4日含む)。このほか年次有給休暇(入社初年度は10日)、産前産後休暇、育児休暇など

・福利厚生 社会保険、社員食堂、慶弔見舞金など

メッセージ

 長崎新聞は1889(明治22)年9月5日に創刊し、太平洋戦争中の言論統制や原爆による社屋焼失など、幾多の苦難を乗り越えて今日に至っています。地域に根差し、みなさんに役立つ情報を伝えることで、ふるさとの発展に寄与するとの理念を掲げる、長崎県内で最も発行部数の多い唯一の地元紙です。
 人口減少による地方の疲弊が進んでいます。特に長崎県は人口流出が激しく、働く場の確保、地域コミュニティの維持など課題が山積しています。そんななか、長崎新聞社は若者の県内定着を図ろうと、長崎県などと協力して2017年9月、大学・企業・就活情報紙「NR」を創刊しました。魅力ある県内の大学、短大、企業などの情報を県内すべての高校・高専、大学・短大生に届ける前例のない取り組みが評価され、「日本タウン誌・フリーペーパー大賞」の新創刊部門で最優秀賞を受けました。
 これからも時代のニーズに合った魅力的なコンテンツを開発、提供し、長崎県の情報産業の中核企業として努力を続けてまいります。

 

代表取締役社長 徳永 英彦

社内アルバム

紙面編集の風景(編集局)
紙面編集の風景(編集局)
本社の巨大な輪転機
本社の巨大な輪転機
公判の取材(写真・デジタル部)
公判の取材(写真・デジタル部)
取材用のカメラ一式
取材用のカメラ一式
建築家、黒川紀章設計の本社社屋
建築家、黒川紀章設計の本社社屋
本社1階ロビー
1階ロビー
本社1階の喫茶プレス
本社1階の喫茶プレス
社員食堂
社員食堂
食事をしながらの会議もできるランチミーティング室
食事をしながらの会議もできるランチミーティング室
配達ルートMAP化プロジェクト(新聞広告賞など受賞)

お問い合わせ先

総務局 総務部 人事課
TEL: 095-844-2112
メール: jinji@nagasaki-np.co.jp