長崎新聞社の本

「戦争・平和」のカテゴリーの本

書籍「高校生平和大使にノーベル賞を」書影

高校生平和大使にノーベル賞を

「私たち1人ひとりの力は微力ですが、無力ではありません」
そう信じて、核兵器廃絶を求める署名活動に取り組んできた高校生たちがいる。
1998年に産声を上げた「高校生平和大使」。被爆地ナガサキの若者による活動は全国、そして世界へと広がり、今春、ノーベル平和賞候補として正式にノミネートされるまでに。
なぜ彼らが候補となりえたのか。
この20年間の足跡を追い、その取り組みの意義を探る。

クレジットカード決済、コンビニ決済をご希望の方はこちらからご注文ください。

書籍「高校生平和大使にノーベル賞を」書影
編者 刊行委員会
体裁 A5判、148ページ
定価 1,500円+税
ISBN 978-4-86650-008-9
「焼き場に立つ少年」は何処へ

「焼き場に立つ少年」は何処へ

★売れています!

ローマ法王が配布を指示したことで話題沸騰中の「焼き場に立つ少年」写真。
それってどんな写真?という人の入門書にもぴったり。
少年は「誰」で「何処」で撮られたものなのか。「あの日のナガサキ」の影を追った5年間に及ぶ調査の報告書。

長崎原爆直後に長崎入りした従軍カメラマン 故ジョー・オダネル氏撮影の写真「焼き場に立つ少年」 の謎を追跡したルポルタージュ。
現地調査では謎の少年の人物像に迫る証言も。
戦争とは、人間の存在とはという本源的な問いに迫る。

クレジットカード決済、コンビニ決済をご希望の方はこちらからご注文ください。

「焼き場に立つ少年」は何処へ
著者 吉岡 栄二郎
体裁 四六判、上製、144ページ
定価 1,100円+税
ISBN 978-4-86650-002-7

回想 本島等

故 本島等・元長崎市長の人間像を関係者たちが語った追悼の書。
政治家であり、思想家であり、キリシタンであり、市民運動家であった本島。
編・監修に当たった平野伸人は市民運動の立場から本島市長退任後20年に渡り、その反戦平和の言論と行動を支えた。
佐高信、西田勝、郭貴勲の各氏らが寄稿。本島の論文、発言5編も収録。

著者 平野 伸人
体裁 四六判、222ページ
定価 1,800円+税
ISBN 978-4-904561-88-1
原子野のトラウマ

原子野のトラウマ

長崎市が実施してきた原爆被爆者の実態調査を、トラウマの視点で再検証した記録。
長崎ゆかりの精神科医と、医療統計学者およびベテラン保健師の共著。
東日本大震災を目にした被爆者らの「原子野と同じ」との苦渋の言葉を動機に書き起こした。

原子野のトラウマ
著者

太田 保之

三根 真理子

吉峯悦子

体裁 A5判、210ページ
定価 1,600円+税
ISBN 978-4-904561-78-2
本島等の思想

本島等の思想

天皇の戦争責任と向き合った元平和市長として知られる本島等。
その信条と破天荒とも取れる言動の思想的背景を探る。
長崎平和宣言をはじめ紙誌への寄稿や講演、ジャーナリストの解説で構成。
戦争・平和・原爆・ヒューマニズムについての本島元市長の発言は日本人の心を何度も揺さぶった。

本島等の思想
編著  平野伸人
体裁  四六判、上製本 276ページ
定価  1,800円+税
ISBN  978-4-904561-57-7
原爆と防空壕

原爆と防空壕 長崎浦上刑務所の丘に造られた防空壕の記憶

平和公園入口の階段沿いに新たな防空壕が発見された。
被爆直後に米軍が壕を調査し、核シェルター開発に生かした貴重な壕の遺構。
年々、消えていく被爆遺構を調査。写真と由来など解説を付してまとめた。

原爆と防空壕
著者 「原爆と防空壕」刊行委員会
体裁 A5判、254ページ
定価 1,700円+税
ISBN 978-4-904561-54-6
高校生平和大使

高校生平和大使

被爆地・長崎で始まった「高校生一万人署名活動」を生み出したのは「高校生平和大使」だった…。
“微力だけど無力じゃない”を合言葉に全国へ、世界へと伸びやかに活動を広げる彼らの平和活動10年の歩みと今後を探る。
漫画も入った高校生平和シリーズ第3弾。

高校生平和大使
監修 高校生一万人署名活動実行委員会
テキスト 高比良 由紀
コミック 西川 操
体裁 B6判、200ページ
定価 952円+税
ISBN 978-4-931493-82-7
松尾あつゆきの日記

松尾あつゆき日記 原爆俳句、彷徨う魂の軌跡

原爆で妻と三児を失った松尾あつゆきは、その惨状を衝撃的な句に残した自由律俳句の作家である。 本書は、生き残った長女とふたり、絶望の日々を生きる俳人の日記である。
“私の不幸は最悪”“泣くより外ない”人間の極限の心情を赤裸々に綴りながら、現代に暮らす私たちに生きることの意味を問いかけてくる。 
芥川賞作家青来有一氏が書いた「発刊によせて」も感動を呼ぶ。

松尾あつゆきの日記
編著 平田 周
体裁 新書判、256ページ
定価 1,400円+税
ISBN 978-4-904561-56-0

高校生一万人署名活動  高校生パワーが世界を変える

平和のために自分にできることはなにか。
被爆地長崎の高校生たちが動き出した。
様々な壁にぶつかりながらも集めた署名は既に10万人を超え毎年「高校生平和大使」の手で国連に提出されている。
地道に活動を続ける彼らの思いと活動の軌跡。

平和・協同ジャーナリスト基金大賞、ブックインとっとり地方出版奨励賞受賞。

著者 高校生一万人署名活動実行委員会 長崎新聞社編集局報道部
体裁 新書判、368ページ
定価 952円+税
ISBN 4-931493-41-6

お問い合わせ先

長崎新聞出版室
TEL: 095-844-5469
FAX: 095-848-4856
メール: shuppan@nagasaki-np.co.jp
※平日10:00~17:00

※ 落丁・乱丁本がありましたらお取替えいたします