お知らせ

新刊「三浦按針11通の手紙(第2版)」発売!

2021/03/25 [ 15:09 ] 更新

新刊「三浦按針11通の手紙(第2版)」が発売しました。

1600年、オランダ東インド会社の航海士として日本に上陸した英国人、ウィリアム・アダムス。日本名「三浦按針」として知られます。徳川家康の外交顧問的役割を担い、西洋式の帆船を製造するなど活躍したのち、平戸で最期の時を過ごしました。本書は彼が残した11通の書簡を、それぞれ現代英語と日本語に翻訳したもの。過酷な船旅の様子や、遺してきた家族への愛情、日本での活躍、祖国への思い、終焉の地、平戸で過ごす日々――按針のドラマを手紙が雄弁に語ります。

 

三浦按針11通の手紙

お求めはお近くの書店、長崎新聞販売センター、長崎新聞社出版室へどうぞ。
ホームページからも購入できます(別途送料がかかります)

★郵便払込でのお支払いをご希望の方はこちら(前払制)↓

https://www.nagasaki-np.co.jp/business/culture-books/books/

★クレジットカード決済、銀行振込、コンビニ・Pay-easy決済、キャリア決済をご希望の方はこちら↓
https://shuppan.thebase.in/

 

 

 

●書籍情報
書名:「三浦按針11通の手紙(第2版)」
著者:田中丸 栄子
体裁:A4判、英語版約87ページ、日本語版78ページ
ISBN:英語版;978-4-86650-012-6 日本語版;978-4-86650-011-9