ヤベホーム



代表取締役

矢部福徳氏
/td>



県産材の木の香りが溢れる、癒しの住空間
人も地球も健康長寿な家づくり

 今年、設立30年を迎えます。自然素材を使い、二酸化炭素と医療費の削減を大きな柱に「人も地球も健康長寿な住まいづくり」に取り組んでいます。

 健康住宅に取り組み始めた大きなきっかけは、小さな頃から体が弱く、呼吸がうまくできない病気だった娘を間伐整備された酸素いっぱいの森に連れて行ったときに、顔色が良くなったことでした。私自身も化学物質アレルギーがあって健康住宅の大切さを考えていたので、森の中にいるように、住む人が健康で長生きできる家をつくりたいと考えるようになったのです。

 そこから地球温暖化防止と県産材の普及を合わせた環境省のカーボン・オフセットを取り組むようになりました。お客さまにも植樹や間伐を体験してもらい、環境について学んでもらっています。

 また、アレルギーや入浴時などシックハウスや家庭内での事故を防ぎ、健康に暮らせる家をつくろうと、2年前からは医師と連携して医学的データに基づいた断熱や調湿性能に優れた家づくりも進めています。

 しかし、昨今は少子高齢化に伴う人口減少が進んでおり、住宅業界は将来的に新築の需要が減っていくことが考えられます。そこで、設立30年を迎える今年は、お客さまからの相談も増えている「空き家」や「相続」の問題に取り組んでいきます。その一歩として昨年、私自身が「相続診断士」と「空き家相談士」の資格を取得しました。

 不動産売買や空き家の有効活用の提案などにより、相続問題解決のお手伝いをしたいと思います。また、これらの社会問題について自治会などで相続セミナーを開催して、社会貢献にもつなげたいと考えています。

 このほか、経済産業省が普及を進めている、住宅の高断熱化と太陽光発電などの設備により大幅な省エネルギーを実現するゼロエネルギーハウス「ZEH(ゼッチ)」に、自然素材による「健康」をプラスした「WELLNESS(ウェルネス) ZEH」にも力を入れます。

 設立30年目の今年も、家族の笑顔と幸せのため「健幸(けんこう)」な住まいづくりを提案していきます。

ヤベホーム株式会社
諫早市永昌町4-36  TEL(0957)25-3188  http://yabehome.jp/