被爆者の高齢化と被爆体験の風化が深刻な問題となっています。長崎新聞社は1996年から本紙に掲載してきた「忘られぬあの日 私の被爆ノート」を、ホームページに掲載します。

 「生々しい惨状」を目の当たりにし、絶望と怒り、悲しみのふちを超えた被爆者が勇気をふるい「核兵器廃絶」「世界平和」への切なる願いを次代に託そうとした「証言集」です。

 なお、この証言集に登場された方のなかには、すでに亡くなられた方もいます。ご冥福をお祈りするとともに、その遺志がこのページを通して広く世界へ通じることを願ってやみません。

 (文章は被爆者からの聞き取りで、長崎新聞に掲載されたものをそのまま使用しています。住所、年齢は掲載当時のものです)

※本ページ内の記事、写真の無断転載を禁止します。


・クリックすると20人表示します
1〜20 21〜40 41〜60
61〜80 81〜100 101〜120
121〜140 141〜160 161〜180
181〜200 201〜220 221〜240
241〜260 261〜280 281〜300
301〜320 321〜340 341〜360
361〜380 381〜400 401〜420
421〜440 441〜460 461〜480
481〜500 501〜520 521〜540
541〜560 561〜580 581〜600
601〜620 621〜640 641〜660
661〜680 681〜700 701〜720
721〜740 741〜760 761〜780
781〜800 801〜820 821〜840
841〜860 861〜880 881〜900
901〜920 921〜940 941〜960
961〜980 981〜1000 1001〜1020




長崎新聞TOPナガサキピースサイトTOP