掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2015年)  
921 9222月12、13日尾崎正義82入市被爆虹が落ちたような光
9232月19日嘉松愛子862.4炎の夜空 ただ眺めた
924 9252月26日溝上貴信871.2懇願の目 離れぬ後輩
9263月5日渡邊洋子812.6焼けただれ歩く人々
9273月12日下川一822.3町中に死体焼く炎
9283月19日木口久752.5思い出す母の後ろ姿
9293月26日浦辺弘子784.6赤く濃く燃える浦上
9304月2日堀信子782.4裏も表も分からぬ死体
9314月9日森笑85入市被爆負傷者から目そらす
9324月16日金田トヨ子843.2町、空 赤く染める炎
9334月23日藤田傅850.9助け求める声 胸痛む
9344月30日流合カツヨ883.0大量の火の雨降り注ぐ
935・上5月14日釣川貞義870.7暗黒の壕内から脱出
936・下5月15日釣川貞義870.7火の海、地獄の街に
9375月21日戸田シノブ866トンネルにけが人 続々
938・上5月28日工藤トヨ子783.1赤々とした空に恐怖
939・下5月29日工藤トヨ子783.1終戦後も不安な日々
9406月4日宮田美千子800.7人が化石のように


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →