掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2012年)  
80111月08日池田キミ89救護被爆寺の本尊見て息絶え
80211月15日枡田洋吉813・8助けの声に何もできず
80311月22日福田達851・5地獄の光景に震え
80411月29日山本美和子850・5一夜明け、運動場一変
80512月6日内野マツヱ831・2死体の山に涙こぼれ
80612月13日倉冨トシ86入市被爆身内が次々に絶命
807、80812月20、21日帆足重利821・1全身を通り抜けた閃光
80912月27日永岡敏昭85入市被爆次々亡くなる親戚に涙
8101月10日酒井武841・1無言で立ち尽くす少女
8111月17日川原由基子89救護被爆体震えた異様なにおい
8121月24日奥村英二74入市被爆落下傘落ち 灰色の光
8131月31日村井久夫762・8血を流したような太陽
8142月7日野口幸子861・2やけどの痛み耐え続け
8152月14日西尾円作97入市被爆頑丈な扉吹き飛ぶ
8162月22日吉村光子891・1体に無数のガラス片
8172月28日調朝子813・5涙あふれる父の日誌
8183月7日岩間涼853・2夜更けても空明るく
8193月14日石田マツコ833・4体の異変におびえ
8203月21日松永ツル子82入市被爆焼け野原にがくぜん


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →