掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2011年)  
74109月01日浦川トシヱ87入市被爆病棟は足の踏み場なく
74209月08日竹林信勝805・3地獄を見ているよう
74309月15日平田ミエコ912・1汽車の中漂う異臭
74409月22日中倉喜代香782・3吐血止まず死を覚悟
74509月29日中島喩931・1頭の血に意識遠のく
74610月05日寳亀カヨ870・7体からガラス破片
74710月13日太田寛753・4跡形もなく消えた自宅
74810月21日中村利博812・3やけどの人々みな無言
74910月27日馬場修772・5不気味だった「黒い雨」
75011月03日山崎愛子85救護被爆負傷者であふれた列車
75111月10日荒木登美子892・5病床で夫案じた日々
75211月17日井村泰82救護被爆飲めば死ぬでもよか
75312月01日吉野ツギノ820・7「生きる力 ありがとう」
75412月08日市坪ミサヱ801・2死にたくないと願い
75512月15日村崎圭子831・1曲がって固まった両腕
75612月22日山下朝子76入市被爆1年間寝たきり生活
75712月29日中村一俊781・8少年に水やれず後悔
  (2012年)  
75801月05日武末昭夫861・2人の優しさ身に染みた
75901月12日中村良治791・2あきらめた兄戻り涙
76001月19日山下時男803・3原爆“予告”のビラ見る


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →