掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2010年)  
70111月11日鍬塚 重義862.5貨物列車に死体並ぶ
70211月18日川内 フミ85救護被爆うじ虫をはしで取る
70311月25日吉冨 宏783.2母子の姿直視できず
70412月02日井川サヨ子801.1内臓を手で押し込む
70512月09日飛彈ミヨ82救護被爆暑く、悪臭の中で介抱
70612月16日中嶋勇82入市被爆ひたすら死体運び続け
70712月23日池田フサ子873・4世の中は無情と痛感
  (2011年)  
70801月06日松尾忠二80救護被爆物のようになった死体
70901月13日中川好子742.0「水を下さい」響く声
71001月20日青崎善弥833.0ただ黙々と死体運ぶ
71101月27日原和江831.2黒焦げになった人や馬
71202月03日高田サダ840.7「これが本当の地獄」
71302月10日立石雄英803・5水槽にゆでられた少女
71402月17日田中親子87入市被爆弟、親類が悲惨な死
71502月24日川内利春832・3助け呼ぶ声、今も脳裏に
71603月03日坂本眞鶴子822・0ラジオで直感「危ない」
71703月10日西尾弘毅689・8母の機転で難を逃れ
71803月17日松本文代842・0父の遺体母と火葬
71903月24日山本義憲81救護被爆「早く病院に」思い募る
72003月31日山口榮子853・2弟の骨割り「ごめんね」


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →