掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2007年)  
56112月20日今道  忍704.5辺りに異臭立ち込める
56212月27日浦川  勝763.6感覚まひ、何も感じない
  (2008年)  
5631月10日後田 繁子730.9黄色い光に気を失う
5641月17日冨永  康746猛烈な爆風じっと耐え
5651月24日永田マサ子81入市被爆一面焼け野原に鳥肌
5661月31日神永 正数784兄を捜し焦土を奔走
5672月07日上田  享762.5神経まひして恐怖覚えず
5682月14日森崎  斡744.5日が暮れ黒い雨降る
5692月21日栗原千鶴子825.4友人奪い、とても憎い
5702月28日山口 武司781.5惨劇、頭から離れず
5713月06日松尾 久枝683.6死者焼く音を聞く
5723月13日平野 正利761.8消えた弟らの絶叫
5733月20日山田 勝也69入市被爆父を捜して原子野へ
5743月27日濱崎 久雄884.8黒く焼けた人「助けて」
5754月03日橋田アキノ81長崎市茂木町
で救護被爆
「水をくれ」断れず
5764月10日坂巻 毅治753父が背負ったつめ跡
5774月17日田川  悟761.8「ズルリ」皮膚はがれ
5784月24日中尾 禎子781.8耳がちぎれそうな風
5795月08日山口 陽子773.2惨劇照らす美しい夕日
5805月15日坂本 亀良792「水を」無数の叫び声


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →