掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2006年)  
50110月05日峰   徹702.5大八車で遺体回収
50210月12日高田市三郎793.2窓の外で強烈な光
50310月19日平野ミサヲ86入市被爆焼け野原に足すくむ
50410月26日宮崎 角治771.5皮膚 ぼろ布のように
50511月02日中嶋 敏昭753.3床の血痕ふき取れず
50611月09日小柳 大勇723.0自宅に母の姿なく
50711月16日早川 好雄811.1顔腫れ判別つかぬ同僚
50811月23日鮫島 義隆78入市被爆「助けて、水をくれ」
50911月30日平野 益子652.8怖くて外に出られず
51012月07日一瀬 正喜751.8熱線の跡 今も皮膚に
51112月14日松添 鶴次761.8遺体置き場から生還
51212月21日横山 照子65入市被爆静かだった廃虚の町
51312月28日深堀 義成76入市被爆放置された腐乱死体
  (2007年)  
5141月11日松本 トヨ85二次被爆全身血まみれ 胸詰まる
5151月18日山口 光利76入市被爆畑の隅に土葬の山
5161月25日森  幸男753.2もし学校に行っていたら
5172月01日川副 政子852.5走る格好で息絶えた人
5182月08日浜辺 良子772.3姉は涙をボロボロと
5192月15日糸田キサヱ800.7無残な姿に地獄見る
5202月22日松尾ヤス子672.0差別おびえやけど隠す


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →