掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2006年)  
4815月18日川口 ナツ771.2 道ふさぐ無数の頭
4825月25日田村 俊男724.5 悲惨な光景に足すくむ
4836月01日藤山 節子711.8 真っ黒になった兄見て涙
4846月08日高木 千鷹78入市被爆損傷激しく性別も不明
4856月15日永野 悦子772.8 暗闇で次々と息絶え
4866月23日山下 チヨ853.3 放射線の恐怖今も
4876月29日中尾 静子681.8 やけどの母見て涙
4887月06日坊上 テイ75救護被爆みな口々に「水欲しい」
4897月13日笹尾  昭79入市被爆山は焦げ街も丸焼け
4907月20日前道 光義773.5 這うように帰宅した父
4917月27日片岡 一夫732.0 壕の中、無言で抱き合う
4928月03日平田ツギヨ762.3跡形もなく焼けた寮
4938月11日山本 和雄761.5「痛い」「苦しい」もがく声
4948月17日早田 博治684.3ガラス割れ、頭に破片
4958月24日吉田  勲664.1 今も残る口元の傷
4968月31日吉元 満雄791.0 空が破裂したような爆音
4979月07日貞松  馨781.5 4、5メートル吹き飛ばされ
4989月14日池田 早苗732.0 きょうだい次々と死ぬ
4999月21日古賀 政勇772.5生きた人間 箱に入れ
5009月28日秋月すが子881.4 修道女の祈りに感動


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →