掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2005年)  
46112月15日山田 博司741.5 黒煙と炎の「修羅場」
46212月22日黒田 賀久723.4 姉の死信じず探し回る
46312月29日鐘ヶ江義雄771.1 救援列車の中は地獄絵
  (2006年)  
4641月12日永瀬カズ子682.0 家族 兄と二人きりに
4651月19日樋口 弘之673.3 がれき下から命拾う
4661月26日宮城 満幸75入市被爆破壊力に ぼうぜん
4672月02日久松シソノ820.7 永井先生と巡回診療
4682月09日原口キヌ子724.2 突き刺さるような光
4692月16日川野 浩一663.1 眼下の街中 火の海に
4702月23日菅原  稔782.0 「助けて」足元から声
4713月02日北川 正孝792.4無線で「長崎に新型爆弾」
4723月09日土井 昭義761.2灰の街に響く家族捜す声
4733月16日谷島ツヤ子761.1生き地獄の中を避難
4743月23日藤原 只夫772.5突然赤と黒の光線
4753月30日金森ミドリ813.0 遺体かき分け対岸へ
4764月06日山川  剛694.3一軒の家で毎晩、葬式
4774月13日池田 道明670.7 燃え続ける街に黒い雨
4784月20日永尾 善蔵81入市被爆あちこちに火葬の炎
4794月27日永石 秀光770.7「生き地獄」光景今も
4805月11日西村惣之助784.0 街全体に“死のにおい”


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →