掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2004年)  
40109月16日深井 治夫771.5帰らぬ父捜し歩き回る
40209月23日坂木 敏雄833.2妻子失い記者ぼうぜん
40310月07日大平ヒサ子793.2真っ赤な光に気絶
40410月14日川渕千代子763.2人や馬の死体ごろごろ
40510月21日牧野 政江703.4爆風で階段へ「痛い」
40610月28日井上 房江821.8火の海を母の元へ
40711月04日辻  詮悟82入市被爆水求める多くの負傷者
40811月11日崎田シゲノ79二次被爆負傷者で足の踏み場なく
40911月18日永野 正治811.5重なって息絶えた人々
41011月25日寺井 眞澄741.3水を求める断末魔の声
41112月02日田中 良彦753.2人影なく生きた心地せず
41212月09日小原 一男77入市被爆あちこちで遺体火葬
41312月16日中島 省吾692.2地獄のような光景広がる
  (2005年)  
41401月06日柿本 武代722.5防空壕に充満する異臭
41501月13日尾上サチヱ75二次被爆1人も助からなかった
41601月20日原田 尚紀653.4被災者で壕いっぱいに
41701月27日松本  博752.2「この世の終わりか」
41802月03日中村 輝雄641.8茶釜が守ってくれた
41902月10日本浦 義昭732.2家の建具の下敷きに
42002月17日坂本キミ子781.3家族の死にも涙出ず


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →