掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2004年)  
3814月08日石川  司741.2寒くて震え止まらず
3824月15日楠山  茂708.5昼間なのに真っ暗に
3834月29日川崎  進784.1海に映る不気味な炎
3845月07日森内  實67入市被爆電車に骨だけの遺体
3855月13日吉岡 昭夫723.6ガラスで血だらけの姉
3865月20日市丸  彪673姉が家屋の下敷きに
3875月27日脇山 耕一632.5父の包帯姿痛々しく
3886月03日荒木 恒幸721身を守るので精いっぱい
3896月17日川原八千代77入市被爆体に染みついた腐臭
3906月25日鬼塚 邦彦792.3憲兵が「原子爆弾ばい」
3917月02日河野 次男772.5放射線障害に苦しむ
3927月08日冨永 末夫71入市被爆学校も友人も失った
3937月15日永田 廣八75入市被爆爆心地に悪臭と無数の死体
3947月23日西山  進764その瞬間、すさまじい爆風
3957月29日前川スミヱ783.3うめき横たわる負傷者
3968月05日西村留三郎763.4船上に熱線、大やけど
3978月12日岡野 歳美77入市被爆腐った遺体淡々と処理
3988月20日下田 敏行692水を求め長姉絶える
3999月02日茶谷志津子801.5やけどのにおい壕に充満
4009月09日松本 政勝751.1重傷にも「死んでたまるか」


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →