掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2003年)  
36110月23日小玉 輝幸721.2川に着いて友人は絶命
36211月06日高野 国雄78入市被爆あちこちで死体焼く煙
36311月13日橋本 勝彦731.74カ月間寝たきりで闘病
36411月20日立木 實夫761.2真っ黒焦げの無数の遺体
36511月27日佐藤 寅雄790.7熱線で焼けただれた医師
36612月04日鶴田 清人761.2感じたのは恐怖だけ
36712月11日鶴岡 利男762.4つらかった遺体収容任務
36812月18日坂下マツミ730.7手術の痛さ今も脳裏に
36912月25日上田 正利622.8本校舎に消毒剤のにおい
  (2004年)  
3701月08日橋田 良明673.2灰色の町に多数の遺体
3711月14日皆良田トシ子833思い出の校舎燃え悔しく
3721月22日藤田 ヤス893.3防空ごうに響くうめき声
3731月29日犬塚 繁喜74入市被爆孤独な死に胸が痛む
3742月05日飛永 頼節761「この世の終末」の思い
3752月12日一瀬  理794.5一瞬「死んだ」と思った
3762月26日中村 伊平773.4無惨な姿の遺体を収容
3773月04日樋口美枝子741.2母と抱き合い無事喜ぶ
3783月18日森内紀久子725けが人が列つくり避難
3793月25日小川 豊記753.2知人の消息捜し手伝う
3803月31日松尾 久夫761.1弟、姉死に母の遺骨


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →