掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2002年)  
32112月12日萩山 広見75入市被爆突然ピカーッと明るく
32212月26日三輪 博志74入市被爆女性の遺体 友人と搬送
32312月28日高島  進713.5皮膚はげたまま歩く老人
  (2003年)  
3241月09日嵩  安子811.5顔や腕にはガラス片
3251月18日水田セイ子75入市被爆想像絶する焼け野原
3261月30日出原 幸子723.2無言で死んだおじさん
3272月06日毎熊 弘行761.6うわごとで「ギター」
3282月13日小島 節夫71入市被爆校舎焼け、学友も死亡
3293月01日山内 良巳733自分の手で家族だびに
3303月06日中島 廣喜752.5体に無数のガラス片
3313月13日梅津 京子761.2今でも近づけない
3323月29日中野哲太郎751.2指先に見えた白い骨
3334月03日中道 綾子72入市被爆負傷者の手当てできず
3344月10日松尾志づ子723.2校舎崩れ下敷きに
3354月18日八並サツ子751.1無数の死体に感覚まひ
3364月24日宮崎 正光665「水ば…」渇き訴える
3375月02日桑原 久生731首などに無数のガラス片
3385月15日久保 田鶴子683.2長姉の遺体見つけた父
3395月22日山中 繁良77入市被爆列車で多数の負傷者運ぶ
3405月29日山口トシ子76二次被爆出産後に絶命 今も目に


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →