掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2002年)  
3017月18日前田  宏703.4黒焦げの死体 地獄絵図
3027月25日西川 政見741.5米俵の上に屋根が崩壊
3038月01日鍛冶梁久米一722.3「足切って」と若い女性
3048月09日松尾 チヨ792.5血染めの服で戻った妹
3058月15日山口 正則73二次被爆負傷者搬送見るに堪えず
3068月22日吉山 昭子743姉2人の生存 涙止まらず
3078月29日吉野アイ子731顔に鉄の棒突き刺さる
3089月05日石崎タミ子881.8悲惨だった2組の親子
3099月12日吉永 正子711.2傷治るもケロイド残り…
3109月19日朝長 政子722.3焼け野原の惨状今も
3119月26日浅本 勝子80入市被爆腐敗臭の中 家族探す
31210月11日山坂  厚761.2現在も放射能への不安
31310月17日犬塚  清6710長崎の山が燃えていた
31410月24日松尾 信義73入市被爆見るも無惨な町広がる
31510月31日朝長 市造761.1死を覚悟し母親と帰宅
31611月07日佐々木留次郎76入市被爆死体のぞき親類捜す人々
31711月14日山本 憲一572.5死を意識した少年時代
31811月21日馬渡 正子721せん光、ごう音、爆風で気絶
31911月28日磯  千守641.6浦上川に無数の遺体
32012月05日吉山 裕子781.5マスク生活が何年も


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →