掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2002年)  
2812月07日浦部 豊子711.2延々と続く悲惨な光景
2822月21日小崎 登明732.3助けられず心の痛みに
2833月08日熊本ツギノ844健康な体を返して
2843月14日大津千鶴子741負傷者や子供助けられず
2853月22日城臺美彌子622.4防空ごうで苦しむ声
2863月30日宮崎 米敏700.5地球が一時停止したよう
2874月04日川島 小枝804爆音響き、畳が数回回転
2884月11日森田  宏672.6死体の山 地獄絵さながら
2894月18日藤原 芳春86入市被爆不明の兄 今も心に重く
2904月25日小森イマ子814ずきん取った顔に熱風
2915月03日野原ヨシエ793.5電話殺到で一大事実感
2925月09日川原 才作741.4今も激痛伴うガラス片
2935月16日西村 政子741.1出迎えた父の姿に涙
2945月23日山口 照光76入市被爆焼け野原で負傷者搬送
2955月30日手嶋 喜吉763.4ものすごい爆風の後 黒い雨
2966月06日阿比留 廉711.5大勢の死人浮かぶ浦上川
2976月13日長谷ヨシ子773.1顔も体も焼けた同僚
2986月27日友廣 良子803.4がれきの丘 はい上がる
2997月04日伊東 豪健762.3わめき声あふれ地獄
3007月11日高山 鈴枝781.1必死で線路まで走る


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →