掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2001年)  
2413月15日梶原 義治843幸い無傷、必死に救護
2423月22日近藤カズヱ72入市被爆一週間 下痢と嘔吐
2433月31日岡田 勝良782.7黒焦げの死体並ぶ
2444月12日田中 敏治83入市被爆「水を…」今も離れない声
2454月19日笹田 三思866.5「B29だ」とっさに身構え
2464月26日桜田 好馬81二次被爆何とも言えない臭気
2475月03日羽田 麗子642.6警報におびえる日々
2485月10日山本 帝子771.4敵味方なく慰め合った
2495月17日松田 圭子631.5孤独感と絶望感 今も心に
2505月24日深堀八重子791.1防空ごうは「阿鼻叫喚」
2515月31日西光 知巳701.2焼けた背中 地図のよう
2526月07日岡持七月代762.9悲惨な姿に言葉も出ず
2536月14日西川 ヨシ743.3空一面 火の海のよう
2546月28日神田 榮守701.5生きながら焼け死んだ級友
2557月05日染木マツエ76入市被爆遺骨なく砂になった姉
2567月27日橋本セツ子704直視できないほどの惨状
2578月02日田島  勉604長崎駅の光景、悲惨…
2588月09日山田 源吾72入市被爆焼けた親類の遺骨拾う
2598月16日橋口 英市701.4身内捜す悲痛な叫び声
2608月23日岩永 静枝802.8受け持ち児童が犠牲に


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →