掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2000年)  
2219月14日深井 文子731.4両親の骨 一握りの灰に
2229月28日西田 秀雄852.3次々死んでいった家族
22310月05日浜崎 順子681.2大伯母 命犠牲に妹救う
22410月12日合田 一江753.1皮膚がめくれ皆無言で
22510月18日七種 二郎812.4耳をつんざく叫び声
22610月26日梅津 虎好721.1川に折り重なった人々
22711月02日森崎スミ子784.2電車や馬も燃え尽きて
22811月09日本岡タマエ734.1校庭の隅に遺体ずらり
22911月16日深堀 繁美693.4人焼くにおい町に立ち込め
23011月25日梅本 典穂72二次被爆ホームに満ちた地獄絵図
23112月16日深堀  悟671.3血をぬぐうとはげた皮膚
23212月22日八頭司幸子732.6やけどの皮膚にガラス片
  (2001年)  
2331月11日野村 健一75入市被爆「水を」今も脳裏に残る
2341月18日荒木 重良741.1正視にたえられない惨状
2351月27日井手口ヨシ子73入市被爆恐怖で泣いたが涙出ず
2362月01日松本徳三郎724.7友捜すより恐怖が先に
2372月08日井手 信美666空から真っ黒いものが
2382月22日西田テル子760.7爆風にたたきつけられ
2393月01日佐藤 繁治731.1「いっそ殺してくれ」
2403月08日福田  執723.2火の海から真っ黒な人々


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →