掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (2000年)  
2014月13日喜多 チヨ911.2だびに付す光景が日常に
2024月20日三原 美代733.5爆風に吹き飛ばされる
2034月28日柳原 英子701.2体つねり“生”実感
2045月12日児島ソエ子703.6同僚亡くなり、悲しくて
2055月18日浜本 宮太884立ったまま息絶えた人も
2065月25日森下 晃誠70入市被爆死体運ぶと皮膚が手に
2076月01日柴田  一670.7頭髪抜け、体中にできもの
2086月08日富野 乾蔵73入市被爆耳に残る“助けて”の声
2096月23日野中大四郎71入市被爆指先に残る死体の感触
2107月05日吉川 ヤエ72二次被爆負傷し泣き叫ぶ韓国人
2117月08日早瀬 トモ84入市被爆患者の苦痛 鎮められず
2127月13日大島 繁一84鳴滝町水求め死にゆく人たち
2137月20日奥村 崇子734放射線被害 後で知る
2147月27日丸田 精一722.6出血、痛み…死を覚悟
2158月03日戸田  英704.4親しかった友人は即死
2168月11日楠本 栄康732.3弟は今も行方知れず
2178月18日富永 澄子654.4赤く染まった浦上上空
2188月24日吉田 末男852.4運動場で多くの死者火葬
2198月31日城下健一郎73入市被爆工場がまるであめのよう
2209月08日米田 倭雄751.5小石交じりの黒い雨が


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →