掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (1999年)  
1615月13日上田 博士712死体の山に感覚まひ
1625月21日野口 京子683.1怖さで震える級友たち
1636月05日吉島 孝夫701.1ひん死の少年救えず
1646月10日滝本 富子673兄の最期はみとれず
1656月17日山口 安之723.2鉄製の壁は穴だらけ
1666月24日深堀 譲治683.3変わり果てた家族の姿
1677月08日室園 久信724.5腰に抱き付き水求められ
1687月15日山下昭一郎722.7死体の中から生存者探し
1697月22日中島 浜次681.1至る所に焼け焦げた死体
1707月29日内田  伯691.4顔の崩れた親友を励まし
1718月05日今村 ヒサ773梅干しと井戸水で命つなぐ
1728月12日今村 博信72入市被爆話し声もなく異様な光景
1738月20日吉田 八郎681.2「日本は滅亡する」とおびえ
1748月28日阿比留薫實732.1悲しかった死体運び
1759月02日青木善次郎714.5無数の死体、惨状に息のむ
1769月09日森口 一則701.1工場はい出ると焼け野原
1779月16日西川マツヱ792.2夫に付ける薬もなく
1789月24日城崎 尚道711.2少女の皮膚はがれ風に揺れ
17910月01日増田チエ子72二次被爆患者またいで必死に処置
18010月08日松坂 秀応723.1遺体の火葬 今も夢に


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →