掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (1998年)  
14110月08日大原靖次郎711.5遠ざかる意識「自分も…」
14210月15日吉田 勝二660.85人目気にし心開けず
14310月29日清水   昇681.8熱線浴び全身大やけど
14411月04日喜々津浅夫781.1女性の悲鳴 今も耳に
14511月12日木下奈美子691.6高熱で一時は死も覚悟
14611月20日村上 秋子731.2ぼう然と歩いた焼け野原
14711月26日渡部 国人692.5ベルトだけ残った死体も
14812月10日佐野  信833.6「水をくれ」と無数の手
14912月17日山口洋一郎683.3「炎の壁」と「どす黒い雲」
15012月24日伊藤 昭二712.2泣き叫ぶ声 なすすべなく
  (1999年)  
151 1月07日山本 節子661.8黒焦げで重なる人々
152 1月14日中村  栄75入市被爆あまりの惨状にがく然
153 1月28日田中  誠691.2目に焼き付き離れない惨状
154 2月05日藤田 ヤス843終戦の知らせにうれしさ
155 2月25日永田三十二661.2友人と運命の分かれ道
156 3月05日中村恵美子691.6泥に覆われ身動きできず
157 3月11日小林  保731.2助け求める女性救えず
158 3月25日平島  勲681.8死亡者名簿に父の名前
159 4月09日山下 慶子601.8母は胎児とともに逝く
160 4月21日本田アヤノ691.1爆風と粉じん、意識失う


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →