掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (1998年)  
1215月07日山田 拓民663.3生き延びた家族も次々と
122 5月14日久家伊八郎702.8「青い爆風」で大やけど
123 5月21日和田  静671.7背後から光線受け失神
124 5月28日計屋 道夫613.8近所では火葬が日常に
125 6月11日中島 勇夫 633.2顔半分に光線浴びた兄
126 6月18日佐久間洋子583.7全身包帯で帰ってきた父
127 6月25日山脇 源司731.9初の長崎訪問が悪夢に
128 7月02日浜崎ミネ子643変わり果てた姉葬る
129 7月09日森  キミ773.1虫の息で「知らせて」と
130 7月17日立川 義人731.2ピカッと光り記憶失う
131 7月23日山口 仙二671.1苦難の日々の始まり
132 7月30日中村 米子733火の海となった駅前
133 8月06日木下 八重701.1“生存者”の兄捜したが
134 8月13日安井 幸子590.9兄弟、親せき23人逝く
135 8月20日青山トシ子690.5石柱の陰で命拾い
136 8月27日小溝昭七郎652.3熱風の中を懸命に避難
137 9月04日古瀬 一枝 731.4家族4人 自宅でだびに
138 9月11日吉岡 信泰721.1建物は大破、下敷きに
139 9月17日渡辺  司661.6外国人捕虜の親切に涙
14010月01日大崎  巌690.7父、妹と奇跡的再会


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →