掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (1997年)  
817月25日鎌田 常之662.5登校したきり帰らぬ弟
828月01日田上 正輔681.1「もう一発食らうと死ぬ」
838月07日三浦 英子713辺りいっぱいにうめき声
848月14日浜  文城883.5黒焦げの子供がいくつも
858月21日富上ミツノ660.6母も気付かない顔に
868月28日出口 輝夫611.4頭に傷ーひん死の状態
879月04日橋本 利一672.3電車が真っ赤な鉄の塊に
889月11日今里  静813震え止まらず声殺した一夜
899月18日川津 純子711.2左目失明にさえ気付かず
909月26日延田シヅエ783.7幼子の叫び いまなお耳に
9110月02日松本 政憲722.3一晩中、野犬から遺体守る
9210月09日築城 昭平701.8発熱と脱毛に死を覚悟
9310月16日山川 米雄691.8死体運びも怖くなかった
9410月23日西村 正昭642.6泣き叫ぶ声いまも脳裏に
9510月30日原口 美子731.8目に耳に心に惨状が
9611月06日深堀 好敏683.5姉の遺髪手に両親のもとへ
9711月13日松尾十七紀671.2助け求める光景印象に
9811月22日堀川 泰斗671.8「水をくれ」叫ぶ学友
9911月27日前川 浅之674街は夜通し燃え続け
10012月05日松尾 一男715遺体焼き続け感情まひ


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →