掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (1997年)  
613月08日山川 豊市792.1黒焦げのクスノキ心に
623月13日山室 一二681.1とにかく山へ逃げた
633月27日相葉 アサ884.4負傷者の治療に奔走
644月03日吉田 孝子700.7家がつぶれ下敷きに
654月09日山下  護671.5大音響、真っ黒の世界
664月10日神木 三郎703.2無数の焼死体「地獄絵」
674月18日山道テル子671.1運命分けた1週間
684月24日諸隈 賢一763熱風襲い海へ転落
695月08日坂本フミヱ661.8胸が裂け息絶えた男の子
705月11日冨永  徹803.5廃虚の町 傷ついた人々
715月15日住徳 一夫78入市被爆叔母ら家の下敷きに
725月22日高井良 明641.5池を囲む無数の死体
735月29日松尾 幸子631.3遺体転がり焼け野原
746月05日伊藤 宜邦664再投下を恐れ3日野宿
756月12日大隈 直之712.8広島の話聞いた直後に
766月19日石橋テル子704.8無残な光景に放心状態
776月26日矢口 勝巳673.7死体の中で友人捜す
787月03日多以良キミ793すべてが地獄のよう
797月09日西河タケノ773.2あまりの痛みで話せず
807月18日瀬川 卓哉691.8悲しさ、腹立たしさが交錯


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →