掲載日 名前(敬称略) 年齢 距離(キロ)        見出し
  (1996年)  
216月27日奥野ミヨシ78丸山町8日の帰宅が永別に
227月04日反納 清史532.2いやされぬ心の傷
237月10日寺田  豪66家野町ぼう然自失の2日間
247月18日島田  運73入市被爆妹の骨すくうほどしか
257月25日辻原 光男661.53日間、生死さまよう
268月01日坊野 貞男692.870メートル飛ばされた叔母
278月08日松尾 秀子651.1「母と弟を返して」
288月15日浜崎  均65入市被爆兄は骨のかけらに
298月22日長岡トミ子691.1「がん遺伝に不安」
308月30日寺沢 喜助781.1手術17回、なおうずく体
319月07日中村 達雄682.3うめき声 耳から離れず
329月13日福  富秋644動員の姉を必死で介護
339月19日橋口平八郎631今も耳に残る先輩の声
349月26日一ノ瀬志を753日後入市死んだと思った妹が…
3510月03日田川 清光77竹の久保町地獄を垣間見た
3610月11日鈴木 好長69飽の浦町放射能下 同僚捜し回る
3710月17日岩本ヤスエ653「どうせ私も…」死を覚悟
3810月25日木下 八重681.8兄を捜しに焼け野原へ
3910月31日山脇 佳朗622.2父の遺体に涙止まらず
4011月07日中村  弘682.6黒焦げ死体に兄の印鑑


← Back 長崎新聞TOP私の被爆ノートTOP Next →