長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞 採用ブログ

長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部

ふるさと元気アップ

見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 ながさき時評 (2017年1月23日更新)
長崎新聞


回復期リハビリ病棟 栗原正紀氏 地域づくりの拠点に
 
 

 多くの人々が知り、とても身近になってきたリハビリテーション。超高齢社会を迎え、今では地域医療にとって、なくてはならない存在である。しかし、多くの病院でリハビリが実施されるようになったのは、ここ十数年のことである。

 それまで医者は命を助けたり、病気や外傷を治したりすることだけに専念していた。リハビリは縁遠い世界のことであったし、また温泉地などで療養を兼ねて提供されることが多く、身近ではなかった。

 ところが、急速な高齢化に伴って「病気は治ったが、寝たきりになって家に帰れない」という事態が多発するようになった。このため寝たきり高齢者の社会的入院対策として2000年に施行されたのが介護保険法である。

 注目すべきは、その第4条で、医療においてリハビリが非常に重要な位置づけにあることが明記された点である。いわく「国民は(中略)要介護状態となった場合においても、進んでリハビリテーションその他の適切な保健医療サービス及び福祉サービスを利用することにより、その有する能力の維持向上に努めるものとする」。

 つまり、急性期(救急)病院で入院治療を実施する場合、要介護状態になりやすい高齢者らは治療と並行して、早期からリハビリを行うことが重要という指摘であった。そうして退院した後に、必要適切な介護保険サービスを利用すべきということである。

 病気や外傷によっては障害が残存するため、すぐには自宅復帰できない人たちもいる。その代表例が、高齢者に多い脳卒中や大腿(だいたい)骨頸部(けいぶ)骨折などの患者さんたちだ。これらの場合には専門治療が終わったら、残存する障害を可能な限り改善して、退院後に自宅生活が安心して継続できるように集中的にリハビリを実施することが必要になる。

 その専門の場として、介護保険導入と同じ00年に制度化されたのが「回復期リハビリ病棟」(リハビリ専門病院など)である。この病棟では医師や看護師ばかりでなく、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)や社会福祉士などの多くの専門職がチームとして関わり、患者さんができるだけ元の生活に戻れるように支援するのである。

 さて、これからの地域医療はリハビリを含め、その質がますます問われる時代となっている。回復期リハビリ病棟は「地域包括ケア」を視野に、より地域に密着したリハビリ拠点として「互いに支え合う地域づくり」に積極的に寄与することが期待されていくであろう。




◆公共事業の財源と効果 谷村隆三氏 国民生活への先行投資

◆2040年の高等教育 安部恵美子 果たすべき役割とは

◆国境離島新法を活かす 西村明氏 「ホーム」で勝負する

◆圃場整備の功罪 川口幹子氏 環境保全型農業の推進を

◆長崎の製造業 里隆光氏 モノづくりをこの地で




   全国・海外のニュース

主要

啄木「恋人」遺品釧路市に寄贈写真有
卵子保存要望、実績の10倍写真有
筧被告別宅に毒物入りと同じ袋写真有
柳田らが球宴ファン投票選出写真有
首相、都議選初の応援
社会

新潟で中2男子自殺
放流事故、慣習でサイレン使わず
筧被告別宅に毒物入りと同じ袋写真有
杉原千畝妻の遺言「有効」写真有
母親と乳児殺害の男に無期懲役
政治

女性・子育てサイト新設、民進党
学部拡大は「疑惑晴らすため」
首相、都議選初の応援
宮城県知事、4選目へ出馬表明写真有
日米、高高度ミサイルに共同対処
スポーツ

男女500は最大3枠に減少
中日・鈴木、地元浜松で先発へ
ロッテ、55年ぶり沖縄で公式戦
バスケ、栃木―三河などで開幕へ写真有
打率4割日ハム近藤、今季絶望か写真有
経済

菊正宗社長、新商品に意欲
最上級レクサスの新型車披露写真有
政権に「過信」と榊原経団連会長写真有
東京円、111円台前半
東芝半導体、27日に売却契約写真有
国際

韓国、邦人元自衛官を一時拘束
2少女の猟奇殺人で騒然、韓国
平和賞の劉氏、末期がんで入院写真有
中国高速鉄道に新型車両写真有
中国山崩れ、地震が地盤に影響か写真有
株・為替

為替相場  26日(日本時間19時)
東京株式 26日終値
為替相場  24日(日本時間 6時)
ナスダック 23日終値
NY株式  23日終値
暮らし・話題

「上司残業でも帰る」新人が急増
関空、5月の旅客数が過去最高
全国の土地2割所有者不明
佐渡鉱山の「世界遺産」推薦要望写真有
富山・黒部ダムで観光放水写真有
医療・健康

卵子保存要望、実績の10倍写真有
医師27人に改善勧告や指導
受精卵検査で学会資格停止
せき止め薬、小児の服用禁止
山梨大、脳の“掃除屋”機能発見
科学・環境

牛の病気、歩行映像で発見
被ばく事故の5人が退院
南海トラフの観測網拡充
次世代加速器、規模縮小へ写真有
民間開発衛星を初めて打ち上げ写真有
文化・芸能

啄木「恋人」遺品釧路市に寄贈写真有
「壊して再構築」は危険
「声優として成長したい」写真有
IKKO風に美味を表現写真有
藤井四段、なるか新記録写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」