長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞 採用ブログ

マリー・ローランサン展

長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部

ふるさと元気アップ

見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 ながさき時評 (2016年12月26日更新)
長崎新聞


「円環的時間」西村明氏 ゆく年を暮れさせる
 
 

 辺りに忙(せわ)しなさが漂い始めると、年の暮れを実感する。冬至は過ぎたが、すぐに朝が早く来るわけでもなく、いまだ宵闇が支配的な時節である。長崎市の新地中華街恒例のランタンフェスティバルに象徴される、旧暦による正月(中国の春節)も、春の暖かさを予感させてそれはそれで楽しみなのだが、新暦の大晦日(みそか)から元旦にかけて訪れるピンと張り詰めたような時間も趣深く、捨てがたい。

 「暮れる」は「暗し」と同源だと、「日本国語大辞典」(第二版、小学館)で学んだ。確かに、まずもって暮れるのは一日で、夜への移行があり、朝が来る。月の暦では月が欠けていき、やがて新月を迎える。そして一年。

 宗教学では、過去から未来へと一方向にしか進まない直線的時間に対して、時計のようにぐるぐると回り、終わりが始まりとなるような時間の観念を「円環的時間」と呼んでいる。東洋の暦は、60年たつと生まれ年と同じ干支(かんし)に戻る。文字通り「還暦」であり、赤いちゃんちゃんこは、赤子としての再出発のシンボルである。円環的時間においては、「死」の後には「再生」が待っている。

 「暮れる」はまた、「暮らし」に通じる。「暮れる」と言うと、勝手に陽(ひ)が落ち、放っておいても歳(とし)が改まっていく感じだが、「暮らす」と書けば事情は変わる。その日、その年をきちんと終えねば、来るべき新しい時間が始まらないというニュアンスに近づく。

 24時間営業をやめる外食産業や、コンビニエンスストアが出てきているらしい。また年中無休を改め、年末年始にあえて休みをとるようにした小売店もあると聞く。人手不足などが主な理由のようだが、「暮らす」視点から見れば良い傾向のように思う。便利だからと四六時中、365日休みがないのは、日が暮れない、年が暮れないことと同じで、夜中であっても光々とまぶしく、日中もメリハリのない日常が、だらだら続くということにもなりかねない。

 「暮らす」ために必要となるのは、物事を上手に終わらせる努力と工夫である。かつてのように右肩上がりの未来が描けず、閉塞(へいそく)感に陥っている現在、抱え込み過ぎた荷物を整理し、片付けてみることで、忘れていた豊かさや、初発の志に改めて気づかされることもあるはずだ。

 反対に、始末や往生際の悪さを抱えていては、結局は新しいものも生まれない。昼行灯(ひるあんどん)のようにぼんやりしたまま生き続けるか、あるいは晴れてよみがえるべく、一日や一年を丁寧に暮れさせうるか。そう試されているように感じる、年の暮れである。




◆災害と建設業 谷村隆三氏 生活と命守る役割理解を

◆地方短大の役割 安部恵美子氏 人生設計の力を育む

◆ミナトマチの心意気 西村明氏 違い受け入れる懐の深さ

◆地方の人材確保 川口幹子氏 学生の就活の流れに乗れ

◆長崎サミット 里隆光 対話重ね経済浮揚目指す




   全国・海外のニュース

主要

中学教諭57%が過労死ライン
求人倍率バブル期並み
3月消費支出1・3%減
体長8m国内最大の恐竜全身化石写真有
官民調査団、来月北方領へ写真有
社会

中学教諭57%が過労死ライン
九州道、1年ぶり全車線再開へ
沖縄の女性暴行殺害事件から1年
電車にはねられ2人巻き添え
風力発電で投資トラブル写真有
政治

日英首脳、今夜会談へ写真有
将棋の佐藤九段ら722人
官民調査団、来月北方領へ写真有
自民、引き締めが必要の声続出
与野党「共謀罪」28日審議合意
スポーツ

松山、谷原組は69で11位
ドジャース前田、ローテ降格も写真有
FIFA、ブラジルなどに罰金
エイバル乾は左MFでフル出場
マリナーズの岩隈は勝敗付かず写真有
経済

東証、7円高
政府、意欲的な漁業者を重点支援
3月の物価、0・2%上昇
求人倍率バブル期並み
3月消費支出1・3%減
国際

米国防総省、前補佐官を調査写真有
核開発は進展確実とIAEA幹部
レッドブル開発者孫逮捕へ
英官邸付近で刃物男拘束写真有
韓国、少女像横に労働者像計画
株・為替

東京株式 28日09時15分
為替相場  28日(日本時間 9時)
ナスダック 27日終値
NY株式  27日終値
為替相場  28日(日本時間 2時)
暮らし・話題

船から飛行機見てみない?写真有
大阪の「笑い」、がんに効くか?
盆栽作りの技に愛好家ら見入る写真有
上野のパンダ、おめでたまだ?写真有
中学から第二外国語必修に
医療・健康

高齢者のがん、大規模調査へ
高齢者の抗がん剤に指針写真有
認知症、本人の意思重視へ写真有
自殺率、10年で3割減少が目標写真有
心臓移植女児、退院報告
科学・環境

体長8m国内最大の恐竜全身化石写真有
探査機、土星の“輪くぐり”成功写真有
分子1個のカーレース、仏で開催
震度6弱以上の揺れ確率微増
13万年前、北米原人か?写真有
文化・芸能

村上春樹さん、翻訳は趣味の領域写真有
桑原武夫氏の蔵書を誤廃棄写真有
翁長知事「選挙はドキッとする」写真有
スヌーピーミュージアムが記念展写真有
藤本が絆の深め方を伝授




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」