長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部

ふるさと元気アップ

見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 ながさき時評 (2016年12月19日更新)
長崎新聞


規制で育てる漁業 川口幹子氏 個別割当方式の導入を
 
 

 寿司(すし)屋や食卓の華であるマグロ。絶滅が危惧される動物として、太平洋クロマグロがレッドリストに登録されたのは、2014年のことだ。国際的にも「30キロ未満の小型マグロの漁獲量を2002〜04年の平均漁獲量の半分にする」との規制がかけられた。それを受けて水産庁は、漁獲量の上限を設け都道府県などに割り当てる制度を、今年の夏に導入した。

 そのクロマグロが、対馬ではこの秋、大豊漁だった。ただし、豊漁だったのはごく限られた海域で、島内12漁協あるうちのわずか2漁協で対馬に割り当てられた漁獲量の大部分を取ってしまったようだ。当然、その他の漁協は納得できない。

 この豊漁がなぜなのかは分からない。漁業者の中には「マグロが絶滅危惧種なんて嘘(うそ)だ」という人までいる。資源量が急に回復したとは考えにくいので、回遊ルートが狭まったのか、たまたまその海域に留まったのか。いずれにしても、漁業者は、目の前に魚がいれば漁獲するし、そうせざるを得ないのだ。

 この一件は、重要な示唆を与えている。資源管理のために、政府がクロマグロに対して漁獲枠を設定したのは大きな進歩だと思う。しかし、総量規制、なおかつそれをエリアで分配する現行の制度では、限られた枠をわれ先に取ろうという力学が働く。

 諸外国では、総量規制ではなく、個々の経営体に個別に漁獲枠を設定する「個別割当方式」を導入し、成果を上げている。あらかじめ取れる量が決まっていれば、早取り競争にならずに、魚種やサイズ、時期や場所などの選定をじっくり行い、収益を高める経営方針を練ることができる。

 「企業中心のヨーロッパに対し、日本は個人の経営体が多く、個別に管理などできない」との主張もある。しかし、そもそも出荷が個人単位で管理されているのだから、漁協が管理主体になれば、個別の漁獲枠管理は不可能ではないはずだ。

 つい先日行われた、北太平洋クロマグロの資源管理について話し合う国際会議では、規制を先送りするとした日本側の方針に非難が集中した。今や国が主導して資源管理を行うことは、世界の常識だ。

 自分の管理下にある土地で作物を育てる農業と違って、漁業は境界のない場所を移動する無主物を対象とする。現行制度下では早取り競争を続けるしかないが、それでは資源問題は悪化するばかりだ。今では現場の漁業者が国による規制を求めている。水産県長崎には、その手本を示し国を動かす役割が求められているのではないか。




◆無形民俗文化財 西村明氏 目に見えない地元のタカラ

◆TPPの是非を問う 川口幹子氏 物は小さく 人は大きく

◆変化のとき 里隆光氏 もう一度組織を活かそう

◆回復期リハビリ病棟 栗原正紀氏 地域づくりの拠点に

◆核兵器と世論 山口響氏 日本は「肯核」「好核」か




   全国・海外のニュース

主要

森友学園問題、「埋め戻した」写真有
CNNなど異例の締め出し写真有
政府、共謀罪対象を5分類
北朝鮮ロケット弾大量押収
熊本市動植物園が一部再開写真有
社会

雪崩で男性心肺停止、ニセコ
乗用車衝突で女児死亡か
秋田の製材工場火災、1人やけど写真有
ヤマハ発動機が申告漏れ
周囲に「愛知製鋼とは別」
政治

「都議会のドン」不出馬の意向写真有
森友学園問題、「埋め戻した」写真有
政府、共謀罪対象を5分類
豊洲百条委、喚問日程決定
与党「共謀罪」に不満拡大
スポーツ

混合リレーで日本Aが3位写真有
カージナルス、ガルシアを獲得
本田圭佑、米MLSへ移籍か
ハーフナーは途中出場
米男子ゴルフ、石川が予選通過写真有
経済

トランプ氏、通貨政策も米国第一写真有
VW、16年は黒字に転換
NY金、3カ月半ぶり高値
NY円、一時111円台
NY株、11日連続最高値写真有
国際

北朝鮮高官と米の接触、実現せず
米、イラク軍の空爆支援
トランプ氏「もはやパリでない」
ペルー大統領「壁より橋を好む」
米連邦政府全機関に規制改革班
株・為替

ナスダック 24日終値
NY株式  24日終値
為替相場  25日(日本時間 6時)
為替相場  25日(日本時間 2時)
東京株式 24日終値
暮らし・話題

フジサン特急が運行15年写真有
鳴門海峡で「渦開き」写真有
リオのカーニバル開幕写真有
JR草津線に忍者の列車写真有
北野天満宮で「梅花祭」写真有
医療・健康

立川の食中毒、給食原因と断定
世界のうつ病患者3億人
3Dプリンターで神経再生写真有
韓国の寿命、30年にトップ
まつげのエクステ接着剤に注意を
科学・環境

規制委、東電社長から28日聴取
佐賀・玄海町議会、再稼働に同意写真有
球転がし、ハチも見まねで学習写真有
川内2号機再開に向け原子炉起動
3月中旬にロボ調査実施
文化・芸能

ゆりやんさんが優勝写真有
ネット教材の利用簡素化
絵本作家まついのりこさん死去写真有
崇神天皇陵を立ち入り調査写真有
村上作品の売り上げ増狙う写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」