長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部

ふるさと元気アップ

見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 ながさき時評 (2016年9月5日更新)
長崎新聞


里山の劣化と過疎 川口幹子氏 ヤマネコ「も」住める地域
 
 

 うだるような暑さが過ぎ、秋風に大きく実った稲穂が揺れるころ、対馬の田んぼでは親離れを控えたヤマネコの親子が、人知れず狩りの練習をしている。

 対馬にのみ生息する野生のネコ、ツシマヤマネコ。最も絶滅に近い動物と危惧されている。野生生物の絶滅というと、過剰な開発を要因として連想するかもしれない。しかしツシマヤマネコの場合、自然への人の干渉がむしろ減ったことが、生息環境を劣化させるという結果を招いている。

 9割が山地である対馬は、耕作に適した平地はごくわずか。そのため対馬の人々は、山では木を伐(き)り炭を焼き、野を焼き茅場(かやば)や畑を作り、わずかな平地では水を巧みに使って稲作を行ってきた。こうした人の営みが生み出す環境には、ネズミや野鳥、カエルや昆虫などが多数生息している。ツシマヤマネコも、こうした環境を餌場とする、まさに里山の生きものである。

 薪(まき)や炭は石油に代わり、牛や馬はトラクターと軽トラに代わった。巨大な流通網の発達で、島外から安い食料が手に入るようになると、山と小さな谷での効率の悪い対馬の農業はあっという間に廃れ、ヤマネコの生息環境は劣化した。皮肉なことに、人の生活がどんどん自然から隔絶されてきたことは、里山の生物の生息環境を奪っただけでなく、人間の職をも奪ったのだ。

 この構図は、対馬に特有のものではなく、日本全国の過疎地域に当てはまる。安い原料を輸入し、化石燃料を使って付加価値を付け、海外市場に輸出する。これまで国内の自然資源を活用することで日本を支えてきた地方の1次生産者は職を奪われ、都市部へと人口が集中した。

 担い手のいなくなった里は荒廃の一途をたどり、生物多様性損失の第二の危機、すなわち人の手が加わらなくなったことによる環境の劣化を引き起こしている。生物多様性の損失と地方の衰退という、一見すると異なる分野の問題は、根本的にはどちらも人の営みが生態系から隔絶されたことに端を発している。

 これまでは、環境保全か産業振興かの二者択一の議論がなされてきた。しかしそれらは、決してトレードオフの関係にあるものではない。

 地方にふんだんにある里山資源を活(い)かした産業を強化できれば、里山管理の担い手である農林業従事者は、おのずと里へと戻るだろう。大切なのは、産業の振興を図ることでヤマネコ「も」住める地域づくりを進めること。人か自然か、ではなく、人の暮らしの中で意識せずとも生きものが育まれる、そんな地域を作りたい。




◆無形民俗文化財 西村明氏 目に見えない地元のタカラ

◆TPPの是非を問う 川口幹子氏 物は小さく 人は大きく

◆変化のとき 里隆光氏 もう一度組織を活かそう

◆回復期リハビリ病棟 栗原正紀氏 地域づくりの拠点に

◆核兵器と世論 山口響氏 日本は「肯核」「好核」か




   全国・海外のニュース

主要

森友学園問題、「埋め戻した」写真有
CNNなど異例の締め出し写真有
政府、共謀罪対象を5分類
北朝鮮ロケット弾大量押収
熊本市動植物園が一部再開写真有
社会

乗用車衝突で女児死亡か
秋田の製材工場火災、1人やけど写真有
ヤマハ発動機が申告漏れ
周囲に「愛知製鋼とは別」
「ニュース女子」長谷川氏が異動
政治

「都議会のドン」不出馬の意向写真有
森友学園問題、「埋め戻した」写真有
政府、共謀罪対象を5分類
豊洲百条委、喚問日程決定
与党「共謀罪」に不満拡大
スポーツ

混合リレーで日本Aが3位写真有
カージナルス、ガルシアを獲得
本田圭佑、米MLSへ移籍か
ハーフナーは途中出場
米男子ゴルフ、石川が予選通過写真有
経済

トランプ氏、通貨政策も米国第一
VW、16年は黒字に転換
NY金、3カ月半ぶり高値
NY円、一時111円台
NY株、11日連続最高値写真有
国際

北朝鮮高官と米の接触、実現せず
米、イラク軍の空爆支援
トランプ氏「もはやパリでない」
ペルー大統領「壁より橋を好む」
米連邦政府全機関に規制改革班
株・為替

ナスダック 24日終値
NY株式  24日終値
為替相場  25日(日本時間 6時)
為替相場  25日(日本時間 2時)
東京株式 24日終値
暮らし・話題

フジサン特急が運行15年写真有
鳴門海峡で「渦開き」写真有
リオのカーニバル開幕写真有
JR草津線に忍者の列車写真有
北野天満宮で「梅花祭」写真有
医療・健康

立川の食中毒、給食原因と断定
世界のうつ病患者3億人
3Dプリンターで神経再生写真有
韓国の寿命、30年にトップ
まつげのエクステ接着剤に注意を
科学・環境

規制委、東電社長から28日聴取
佐賀・玄海町議会、再稼働に同意写真有
球転がし、ハチも見まねで学習写真有
川内2号機再開に向け原子炉起動
3月中旬にロボ調査実施
文化・芸能

ゆりやんさんが優勝写真有
ネット教材の利用簡素化
絵本作家まついのりこさん死去写真有
崇神天皇陵を立ち入り調査写真有
村上作品の売り上げ増狙う写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」