長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部

ふるさと元気アップ

見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 ながさき時評 (2016年6月27日更新)
長崎新聞


今年の平和宣言 山口響氏 表現すべきは「怒り」だ
 
 

 8月9日の平和祈念式典で長崎市長が読み上げる平和宣言の起草プロセスが始まった。今年の宣言で表現すべきもの、それは一言でいえば被爆地の「怒り」だ。

 まずは、アメリカをはじめとする核保有国に対して。

 現在、核軍縮に関する国連公開作業部会が断続的に行われている。核兵器禁止条約の早期交渉入りを主張する多数の非核兵器国と、「次期尚早」とけん制する核兵器依存国(核兵器を持たないが、核の傘に入っている国々)との対立が激しくなっている。

 残念ながら、日本政府は後者をリードする立場を選び、作業部会への出席を拒んでいる核保有国の代弁者に成り下がった格好だ。しかし世界は、こうした抵抗を排して、2017年にも新たな法的枠組みの交渉開始か、というところまで来ている。「核廃絶への道」に新しい次元を加えつつあるのは、広島に歴史的訪問を果たした米大統領ではなく、核禁条約を支持する非核兵器国の方かもしれないという認識は日本では著しく弱い。

 一連の「オバマ訪広騒動」の中では、政治指導者らに被爆地を訪問してほしいあまり、彼らにおもねる態度が目立ちすぎたように感じている。私たちは、71年前の人類初の、そして唯一の核攻撃に関して謝罪ひとつなされないことへの怒りと、核保有国が核軍縮を進めようとしないことへのいら立ちを、もっとストレートに表現していいはずだ。

 次に、日本政府に対して。

 安保関連法が今年3月、施行された。これは、中国や北朝鮮など、日本周辺の核保有国の軍拡を抑止するどころか、むしろその口実を与える効果すらもつだろう。このところの長崎平和宣言で提案されている「北東アジア非核兵器地帯」の創設にとっても、明らかにマイナスだ。安保関連法が核廃絶に対して与える「実害」が出てくるのは、これからだと言える。安保法制は「もう終わった問題」という雰囲気もあるが、今年の平和宣言では、安保法制の廃止をはっきり主張して、怒りの持続を示したいところだ。

 最後に、手続きの問題になるが、平和宣言の起草プロセスをもっと市民に開放することを提案したい。起草委員会は昨年から市の付属機関となったが、市のウェブサイトにはまだ昨年度分会合の議事録すら掲載されていない。また、6月、7月の会合で市側が起草委員に提示する宣言草案は、ウェブに掲載するなどして、広く市民からの意見を募るべきだ。起草プロセスの徹底した開放こそが、核廃絶に向けた論理と表現の多様性をもたらすと、私は信じている。





   全国・海外のニュース

主要

ブラックホール同士、近づき合体
米スペースXの宇宙服公開写真有
ルーニーが代表引退写真有
大阪の停電、復旧に11時間写真有
自立支援介護の報酬増へ見直し写真有
社会

生徒に「飛び降りろ」
大阪の停電、復旧に11時間写真有
「右に傾き沈没」、長崎・平戸沖
シュレッダー係への配置は不当
窯業会社を24日に家宅捜索写真有
政治

名護市長が3選出馬表明
国会、来月25日召集で調整
都の特別秘書年収1400万円
事業ごとに「特別な制度」
10月のトリプル補選へ準備急ぐ
スポーツ

世界バド、奥原が3回戦進出写真有
レスリング、奥野は銀メダル以上
広島の鈴木、右脛骨を骨折
ルーニーが代表引退写真有
サッカー青森山田V4
経済

トヨタ、転居どこでも再就職紹介
サムスンが大画面スマホ写真有
NY株、反落
NY円、109円近辺
天候不順、キュウリ小売価格上昇
国際

日中正常化10年ぶり式典
韓国情報機関の工作で捜査写真有
米海軍、第7艦隊司令官を解任写真有
ロシア、北方領土を特区指定
イスラム国言及の文書発見
株・為替

為替相場  24日(日本時間 4時)
為替相場  24日(日本時間 2時)
東京株式 23日終値
ナスダック 22日終値
NY株式  22日終値
暮らし・話題

関東特産1位は美容にいいタルト写真有
京都・化野念仏寺で千灯供養写真有
自立支援介護の報酬増へ見直し写真有
学校事務の代行要員配置へ
最西端の与那国島でネット授業写真有
医療・健康

ポテサラ、工場サンプルは菌出ず
パナ、iPS自動培養装置を発売写真有
厚労省、認知症治療へゲノム管理写真有
無痛分娩が増加、全体の6%
O157食中毒、高崎市が調査写真有
科学・環境

ブラックホール同士、近づき合体
米スペースXの宇宙服公開写真有
オオタカの希少種指定解除へ写真有
福島、遮水壁の凍結作業進む写真有
JAXA衛星、日食を撮影写真有
文化・芸能

落語家の仁鶴さん体調不良で休演写真有
ジャニーズが会員規約改定
芝翫襲名で人気俳優競演、京都写真有
会見でいたずら20連発写真有
久本に下ネタ“禁止令”




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」