長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 カネミ油症を追う 関連記事 (2014年3月24日更新)
長崎新聞


カネミ油症新認定訴訟 「訴える権利」認めるか

 本県のカネミ油症新認定患者らがカネミ倉庫(北九州市)などに損害賠償を求めた訴訟で福岡高裁は先月、原告の控訴を棄却。患者らは上告し、最高裁の判断が注目される。高裁判決の根拠となったのは、不法行為から20年で損害賠償請求権が消滅すると規定した民法の「除斥期間」。一般市民にはなじみが薄いが、近年、原告に有利に解釈した判例もある。

 油症訴訟の判決理由はこうだ。原告は遅くとも油症発生翌年の1969年末までにカネミ油を摂取し、同年から起算し20年が経過した89年末には損害賠償請求権が消滅した。だが、この論理だと原告の大半が油症認定された2004年以前に「訴える権利」がなくなっていたことになる。

 除斥期間に詳しい立命館大法科大学院の松本克美教授(民法)は「全く実態に合っておらず、被害者に酷な解釈」と批判する。その上で、除斥期間の適用にも疑問を投げ掛ける。

 そもそも除斥期間は、紛争状態が長く続くことを避けるため設けられた。だが松本教授は指摘する。「除斥期間を適用し裁判が終わっても被害者は納得せず、社会的に紛争状態は続く。加害者に都合よく解釈されるのであれば、除斥期間は不要だと言える」

 被害実態に応じ、除斥期間の起算点を遅らせた判例もある。福岡県筑豊地方の炭坑で働いたじん肺患者らが国などに損害賠償を求めた「筑豊じん肺訴訟」だ。04年の最高裁判決は、起算点を炭坑で最後に働いた時ではなく、病状に応じた管理区分の最終決定が出た時と判断した。

 じん肺患者は、病状に応じ管理区分1〜4に認定。管理区分2の患者が症状が重い同4に再認定されることもあり、04年の最高裁判決では同4に認定された時が起算点。油症に被害の軽重を示す制度はないが、油症訴訟に単純に置き換えるなら、炭坑にいた時は油の摂取時。起算点は油症認定時と考えることもできる。

 筑豊じん肺訴訟弁護団事務局長を務めた小宮学弁護士(58)によると、除斥期間の適用は近年、原告に配慮し判断するようになってきているという。小宮弁護士は「油症の判決は原告救済の流れに逆行している」とし、「微妙な事案のため最高裁は判決を簡単に下せないだろう」と語る。





   全国・海外のニュース

主要

カタルーニャ自治権を制限写真有
フィギュア、羽生はGP初戦2位写真有
投開票日、台風で大荒れ写真有
与野党党首、最後の訴え写真有
安倍政権5年に審判写真有
社会

投開票日、台風で大荒れ写真有
別生徒も「学校に行きたくない」
国民審査も22日投票
タイヤ落とした運転手聴取、岡山
台風、23日にかけて列島大荒れ写真有
政治

希望の党人事、両院議員懇談会で写真有
53市町村で投票繰り上げ
期日前投票1564万人
与野党党首、最後の訴え写真有
自治体全域「開票不能」に
スポーツ

フィギュア、羽生はGP初戦2位写真有
サッカー、柴崎はベンチ外
J1、首位の鹿島が8敗目写真有
バスケ、A東京や三河など6勝目写真有
テニス錦織が練習再開写真有
経済

民間参加でインフラ整備写真有
イオンと生協、環境枠組み参加へ写真有
ネット同時配信、半数利用と回答
「アニ文字」巡りアップル提訴写真有
FRB議長、量的緩和も
国際

アフガンでテロ、15人死亡
カタルーニャ自治権を制限写真有
中道右派が第1党の勢い写真有
米空母、韓国釜山に入港写真有
エジプト銃撃戦死者52人に写真有
株・為替

ナスダック 20日終値
為替相場  21日(日本時間 6時)
NY株式  20日終値
為替相場  21日(日本時間 2時)
東京株式 20日終値
暮らし・話題

TGC、北九州で開催
双子のチンパンジー誕生、名古屋写真有
シャンシャン生後130日写真有
リンゴ3万個で浮世絵、弘前城写真有
有明海の秋の風物詩、ノリ種付け写真有
医療・健康

1600人に医療機器使い回し
75歳以上、医療窓口負担2割に
口の中の細菌、腸難病の原因か写真有
中国の鳥インフル、哺乳類でも
臨床研究の万波氏「大きな意味」
科学・環境

東電社長、新潟知事訪問へ
奄美など世界自然遺産へ手応え写真有
韓国、原発建設の再開勧告
大飯1、2号の廃炉方針を否定
月の巨大な空洞、活用に期待
文化・芸能

将棋、永世7冠目指す羽生が先勝写真有
映画界のセクハラ黙認を後悔写真有
大英図書館でハリポタ特別展写真有
小澤征爾さん、1月の指揮降板へ写真有
小学館、毒キノコ「食用」と誤記写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」