長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 ピースサイト 関連企画 (2017年9月5日更新)
長崎新聞


試練の被爆地・下 「象徴」を失うも前へ
被爆体験記の朗読ボランティアの打ち合わせに参加する佐藤さん(右)=3日、長崎市の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
被爆体験記の朗読ボランティアの打ち合わせに参加する佐藤さん(右)=3日、長崎市の国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館

 1日、長崎市の火葬場。長崎原爆被災者協議会(長崎被災協)会長、谷口稜曄(すみてる)さん(享年88)の告別式を終え、納骨に立ち会った「長崎被災協・被爆二世の会・長崎」会長の佐藤直子さん(53)は、途方に暮れていた。翌2日、核廃絶運動の理論的支柱として慕われた土山秀夫さん(享年92)の訃報にも触れ、追い打ちを掛けられた。ただ、自分の中で少しずつ覚悟を固めていた。「これからは被爆者がいないことを前提に活動をする」

 被爆体験の継承が喫緊の課題と言われ、2012年に2世の仲間と会を結成した。被爆70年の15年には長崎被災協が発行した証言集の編集に協力。被爆体験記を朗読するボランティア「永遠(とわ)の会」にも参加した。しかし、「まだ自分たちが先頭に立つ時ではない」と甘えもあったように思う。

 実際、2世の会は広がりを見せていない。会員数は約80人で頭打ちとなり、常に活動しているのは10人程度。自分と同世代は仕事、子育て、親の介護と忙しい。なのに、無理に勧誘しても長続きはしない。「だからこそ私たちが見える形で行動し、継承の必要性を地道に訴えるしかない」。修学旅行生向けの被爆者の体験講話について、2世が語り部班を作って担えないか模索を始めるつもりだ。



 「被爆者の願いは、『ふたたび被爆者をつくらない』という言葉に集約される。その理念は私たちの未来を守ることであり、継承は2世任せではなく、多くの市民にも当事者意識を持ってもらう工夫が必要」。「被爆の記憶」を研究テーマとする広島市立大広島平和研究所教授の直野章子さん(45)はそう助言する。

 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)代表委員、田中熙巳(てるみ)さん(85)は「谷口さんと土山先生を失った影響は大きいが、長崎は2人に頼りすぎた面もある」と言う。

 13歳の時に長崎で被爆した田中さんは、東北大教員時代に宮城県、現在暮らす埼玉県で被爆者運動に奔走。どちらも少人数ながら、活動を維持してきた自負がある。だからこそ、古里への期待を込めて呼び掛ける。

 「長崎は原爆を語れる被爆者をまだ掘り起こせる。被爆者の願いを受け継ぐことができる若い世代が多いことも忘れてはいけない。たとえ『象徴』がいなくても被爆地なら前へ進めるはずだ」





   全国・海外のニュース

主要

米、災害支援に歴代大統領結集写真有
アストロズが2度目のWS進出写真有
有権者の出足、前回上回る写真有
台風21号、夜にも本州接近写真有
乗客の手紙に1900万円写真有
社会

山口・萩で即日開票できず
土砂崩れで投票開始遅れ
投票立会人が寝坊、開設遅れる
台風21号、夜にも本州接近写真有
衆院選後に約60事件捜査
政治

各党党首、審判待つ
希望・小池代表、パリで会見
有権者の出足、前回上回る写真有
神戸市長選投票始まる
宮城県知事選投票が始まる
スポーツ

ライフル射撃は台風で中止
決勝は順延、25日に
アストロズが2度目のWS進出写真有
中止のプロ野球
女子テニス、ビットヘフト初優勝
経済

民間参加でインフラ整備写真有
イオンと生協、環境枠組み参加へ写真有
ネット同時配信、半数利用と回答
「アニ文字」巡りアップル提訴写真有
FRB議長、量的緩和も
国際

北朝鮮情勢や南シナ海議論
米、災害支援に歴代大統領結集写真有
乗客の手紙に1900万円写真有
チェコ、富豪の中道右派が第1党写真有
カタルーニャ州、中央政府に反発写真有
株・為替

ナスダック 20日終値
為替相場  21日(日本時間 6時)
NY株式  20日終値
為替相場  21日(日本時間 2時)
東京株式 20日終値
暮らし・話題

TGC、北九州で開催
双子のチンパンジー誕生、名古屋写真有
シャンシャン生後130日写真有
リンゴ3万個で浮世絵、弘前城写真有
有明海の秋の風物詩、ノリ種付け写真有
医療・健康

1600人に医療機器使い回し
75歳以上、医療窓口負担2割に
口の中の細菌、腸難病の原因か写真有
中国の鳥インフル、哺乳類でも
臨床研究の万波氏「大きな意味」
科学・環境

東電社長、新潟知事訪問へ
奄美など世界自然遺産へ手応え写真有
韓国、原発建設の再開勧告
大飯1、2号の廃炉方針を否定
月の巨大な空洞、活用に期待
文化・芸能

お笑いタレント長井秀和さん結婚
邦人作品、40年ぶりに補修写真有
将棋、永世7冠目指す羽生が先勝写真有
映画界のセクハラ黙認を後悔写真有
大英図書館でハリポタ特別展写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」