長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 医療・福祉 (2017年9月2日更新)
長崎新聞


雲仙でSOSステッカー導入
雲仙市で運用が始まった「SOSステッカー」。左上の空欄に識別番号を記入する
雲仙市で運用が始まった「SOSステッカー」。左上の空欄に識別番号を記入する

 認知症の人や高齢者の見守りを強化しようと雲仙市は、対象者の名前や特徴などを登録した「SOSステッカー」の運用を始めた。行方不明などになった場合、早期発見につなげるのが狙い。

 市福祉事務所や雲仙署など21団体でつくる協議会が進める見守り活動の一環。ステッカー導入は県内では島原市に続き2例目。

 ステッカーは縦2・5センチ、横4センチ。熱転写で靴やハンカチなど布製品に張ることができる。スポーツメーカーでも使われる素材を使用し、耐久性も高い。

 運用方法は、対象者の名前や顔写真、特徴などを協議会に登録。識別番号が書かれたステッカーが配布され、普段身に着ける靴などに張る。ステッカーのQRコードを読み取ると、市福祉事務所や雲仙署の連絡先を表示。個人情報は示されないが、雲仙署などが識別番号で特定できる。

 市福祉課は1人に10枚ステッカーを配布予定。「見守り強化につなげたい」として登録を呼び掛けている。問い合わせは同課(電0957・36・2500)。





   全国・海外のニュース

主要

台風接近、即日開票できず写真有
立憲民主、野党第1党で攻勢へ写真有
自公3百超、安倍政権継続写真有
首相、主要閣僚再任へ写真有
改憲勢力3分の2維持写真有
社会

台風接近、即日開票できず写真有
超大型台風、きょう上陸写真有
他人に成り済まし投票か
台風21号、欠航や運休相次ぐ写真有
三重の宇陀川が氾濫
政治

比例、自民が公示前議席に迫る
共産、公示前21議席から大幅減写真有
立憲民主、野党第1党で攻勢へ写真有
希望の若狭、馬淵氏ら落選写真有
自公3百超、安倍政権継続写真有
スポーツ

スペイン、ブラジルが4強写真有
ザルツブルク南野は後半途中出場
バドミントン、米元組は準優勝写真有
羽生ら軽やかにエキシビション写真有
ケルン大迫は無得点で途中交代写真有
経済

トヨタ、台風で完成車工場を停止
経済界、政権の継続歓迎
中国、日本金属製品の検査強化へ
資生堂、国内工場で正社員登用
民間参加でインフラ整備写真有
国際

米、対北朝鮮連携へ首相続投歓迎
中国、汪洋・韓正両氏が昇格か
中国、愛国教育を強化写真有
バリ島火山、13万避難続く写真有
韓国大統領、建設再開を表明写真有
株・為替

ナスダック 20日終値
為替相場  21日(日本時間 6時)
NY株式  20日終値
為替相場  21日(日本時間 2時)
東京株式 20日終値
暮らし・話題

TGC、北九州で開催
双子のチンパンジー誕生、名古屋写真有
シャンシャン生後130日写真有
リンゴ3万個で浮世絵、弘前城写真有
有明海の秋の風物詩、ノリ種付け写真有
医療・健康

1600人に医療機器使い回し
75歳以上、医療窓口負担2割に
口の中の細菌、腸難病の原因か写真有
中国の鳥インフル、哺乳類でも
臨床研究の万波氏「大きな意味」
科学・環境

東電社長、新潟知事訪問へ
奄美など世界自然遺産へ手応え写真有
韓国、原発建設の再開勧告
大飯1、2号の廃炉方針を否定
月の巨大な空洞、活用に期待
文化・芸能

競泳五輪メダリストら講演写真有
お笑いタレント長井秀和さん結婚
邦人作品、40年ぶりに補修写真有
将棋、永世7冠目指す羽生が先勝写真有
映画界のセクハラ黙認を後悔写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」