長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 医療・福祉 (2017年9月1日更新)
長崎新聞


支え合い高齢者の孤立防げ 介護予防促進も 仕組みづくり進める
ボランティアの近藤さん(左)と楽しそうに話す神田さん=松浦市御厨町
ボランティアの近藤さん(左)と楽しそうに話す神田さん=松浦市御厨町

 松浦市は市民グループと共同し、比較的に年若い高齢者がボランティアとして近所の1人暮らしのお年寄りを訪問し、生活支援をする仕組みづくりを進めている。高齢化や過疎化が避けられない中、地域の独居老人の孤立を防ぎ、支援する側の介護予防も促す狙いがある。高齢者同士が支え合う試験的な取り組みを取材した。

 7月中旬、山あいの民家に温かな笑い声が響く。同市御厨町の神田キミエさん(87)が客間で談笑するのは、月1回、掃除などに来る近藤〓子(いくこ)さん(74)=同町=。近藤さんが趣味で描き、プレゼントしたアジサイの絵について話が盛り上がり、家族のだんらんのように時間が流れる。

 神田さんは2000年6月に夫を亡くした。子ども3人は県外におり、人と会うことは少ないという。テレビを見ながら寝転んで過ごし「泣きたくなるほど寂しい」日々が続いていた。そんな中、近藤さんとの交流が活力を取り戻すことにつながったという。神田さんは「家族のようにうち解けられる」と笑顔で話す。

   ◆   ◆ 

 市民団体「まつうら助け合いネットワーク シグナル」(浜中英樹、富子両代表)は、市が生活支援が必要と判断した独居老人宅にボランティアを派遣し、簡単な家事を担うことで孤立を防ぐ取り組みを進めている。市の「介護予防・地域支え合いサポーター養成講座」を修了し、高齢者への接し方などを学んだ人がボランティアとして登録。1回30分程度でごみ出しや洗濯などを手伝っている。

 背景には高齢化問題がある。17年4月時点の市内高齢化率は33・9%。中でも住民票上、独居とされる高齢者はおよそ4人に1人の割合=グラフ=で推移している。市は独居率は一時的に減少しているものの「さらに増える」と懸念する。

 高齢者が孤立すると人と接する機会が限られ、外出など体を動かすことも減る。そのため心身の機能が衰え、認知症になる可能性も高まり、最悪の場合は孤独死に至ることもある。

 こうした状況を見据え、市は13年度から開講している同講座への参加を呼び掛け、これまでに延べ130人が受講。地域の支え手の育成を続け、高齢者が自分らしく暮らし続けるための方策を模索してきた。

 シグナル代表の浜中富子さんも受講生の1人。町で見掛ける老人に対し、何か手助けしたいという気持ちを持っていた。富子さんは「高齢になったときに誰もが元気だとは限らない。自分のことと思えば、地域が高齢者を支える仕組みが必要」と考え、市担当者と思いが一致。16年10月、シグナルを発足させた。

 活動はお年寄りの孤立を防ぐだけではない。人と接することが減りがちになる"若手"高齢者が支え手となることで、外出や人との交流、軽作業などの機会を得て介護予防につなげるという。登録者の近藤さんも「出掛けて、利用者と話すことで元気をもらえる」との実感を持つ。

 シグナルが発足半年で受けた依頼は約50件。利用する高齢者、ボランティアの双方から好評を得ているという。活動を市全域に広げるためNPO法人化を目指しており、現在12人と少ない登録者を増やすことが求められている。

 市長寿介護課の大久保美樹子課長は「高齢化や過疎化がさらに進行することが予想される中、将来に備える地域の支え合いの仕組みとして整えていきたい」と話す。

【編注】=は、日の下に立





   全国・海外のニュース

主要

DeNA、六回まで6―1
シリア民兵組織「ラッカ解放」写真有
首相「攻めの農業」強調
空自ヘリ墜落か、浜松沖
井山が2度目の全七冠制覇写真有
社会

空自ヘリ墜落か、浜松沖
新聞大会、平和な社会実現目指す
米軍ヘリ18日から飛行再開写真有
無線LANに深刻な欠陥
ラブホテルに女性遺体、水戸
政治

首相「攻めの農業」強調
共産幹部が小沢氏地元激励写真有
超党派の議員連盟会長が靖国参拝
トランプ米大統領来日を正式発表
首相、靖国神社に供物奉納写真有
スポーツ

DeNA、六回まで6―1
磯崎、高柳組が2位発進写真有
慶大岩見、シーズン最多タイ7号
ラグビー、松島が代表戦へ手応え
村田戦に「自信は千パーセント」写真有
経済

東京円、112円台前半
投資ファンドに運営権譲渡
VW、最上位モデル25日に発売
インドネシアでガス小売りに参入
神鋼不正、米司法当局が調査写真有
国際

シリア民兵組織「ラッカ解放」写真有
マルタ当局、爆発物を分析写真有
ロヒンギャ難民58万人超
比大統領が「解放」宣言写真有
北朝鮮、処刑者2割が薬物理由
株・為替

為替相場  17日(日本時間20時)
東京株式 17日終値
ナスダック 16日終値
NY株式  16日終値
為替相場  17日(日本時間 2時)
暮らし・話題

日光東照宮で千人武者行列写真有
羽田空港で働くロボット求む!写真有
大村さん発見の物質、像に写真有
徳島県に先進政策大賞
選挙控えコチョウラン出荷大詰め写真有
医療・健康

拡張型心筋症に初の幹細胞移植写真有
再生医療の登録制度開始
「出生前診断は必要?」
精神医療報道に17年度の大賞
骨折発生率は「西高東低」
科学・環境

大飯1、2号機廃炉へ写真有
大飯原発1、2号機の廃炉検討写真有
中性子星合体、観測チームが会見写真有
重力波と光、初の同時観測写真有
中国の宇宙実験室、地球落下へ写真有
文化・芸能

井山が2度目の全七冠制覇写真有
ゾロリ声優挑戦でワクワク写真有
「声変わりしたい」と川島写真有
モデルの知花くららさんが結婚写真有
囲碁、井山が初の全七冠復帰か写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」