長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 医療・福祉 (2017年7月23日更新)
長崎新聞


病気の子らへウィッグ無償提供 ヘアドネーション・長崎県内13の理美容室も協力
切った髪を手に笑顔を見せる中村由美子さん(手前)=長崎市、美容室FEELS
切った髪を手に笑顔を見せる中村由美子さん(手前)=長崎市、美容室FEELS

 美容室の鏡の前で、切ったばかりの毛髪の束を手に女性はつぶやいた。「誰かの役に立ちますように」

 寄付された毛髪を使用して、小児がんの治療などで頭髪に悩みを持つ18歳以下の子どもたちに医療用ウィッグ(かつら)を無償提供する「ヘアドネーション」。現在は全国で約2千店、県内も13店の理美容室が協力している。著名人やメディアの発信もあり、活動の輪は広がっている。

■親子で一緒に

 「テレビで知り、切るときには寄付しようと決めた。自分でも役に立てることがあるなんて」

 6月中旬、ヘアドネーション賛同美容室「FEELS」(長崎市浜町)を訪れた同市小峰町の中村由美子さん(46)。2年半伸ばした髪を、ばっさりショートヘアにした。

 店長の浅野光明さん(39)は、約2年前からヘアドネーションに賛同している。きっかけは、病気になった常連客の「副作用で髪が抜ける前に誰かのために残したい」という頼み。以来、約50人の寄付に協力してきた。最近は5歳の女の子から寄付したいとの依頼があるなど、問い合わせも増加している。

 長崎市内の小学4年生、中村丈太郎君(9)は、寄付のために髪を伸ばしている海外の男の子の存在を知り、昨夏から髪を切っていない。「その子は周りにからかわれても伸ばしていた。強い心だと思った」。丈太郎君も「女の子みたい」と言われたりもしたが、気持ちはぶれていない。「病気の人に髪の毛をあげたい」。今は母の真紀さん(42)も一緒に伸ばしている。2人は今冬あたりに切って、寄付する予定だ。

■31センチ以上必要

 ヘアドネーションは1990年代に米国で普及。日本では2009年から大阪市のNPO法人「Japan Hair Donation&Charity」(JHD&C)が取り組んでいる。代表を務める美容師の渡辺貴一さん(46)が「自分たちの仕事、技術が社会に役立つのであれば」と立ち上げた。

 一つのウィッグに必要な毛髪は約30人分。白髪などでも問題はないが、切り落とした部分の長さが31センチ以上という条件が付く。ロングヘアを希望する子どもも多いため、50センチ以上の髪は貴重だ。

 金額も高く、子ども用ウィッグは1個数十万円。それをJHD&Cは、これまで185人に無償で贈ってきた。受け取った女子高生からもらった「久しぶりに自分の本当の笑顔を見た」というメッセージは、強く印象に残っているという。

■順番待ち167人

 JHD&Cには現在、国内外の美容室などから1日平均200件の毛髪の寄付がある。一方で、募金も呼び掛けている。例えば、3千円の募金があれば、ウィッグになる毛髪1、2人分のトリートメント代になる。だが、募金で賄う活動費やウィッグの制作費、人手は不足気味。このため7月18日時点の順番待ちは167人。中には、ウィッグを待つ間に亡くなるケースもあるという。

 長崎市の美容師、井手美千代さん(34)は、毛髪の寄付を望む客をカットした場合、カット代の半額を募金している。

 それぞれが、自分にできることを−。一人一人の思いが、支援の輪の広がりにつながっている。

 募金の振込先や賛同美容室などの詳細はJHD&Cのホームページで。





   全国・海外のニュース

主要

病気腎移植、条件付き承認
平安京でガラス製「水滴」初出土写真有
東証13日続伸、終値85円高写真有
米軍、炎上事故ヘリの搬出開始写真有
トヨタ、アルミで安全確認写真有
社会

営業秘密持ち出した疑い、愛知
ヤンゴンで火災、邦人死亡
名古屋大、がん疑い見落とし死亡
少女買春容疑で医師再逮捕
厳罰求め、父が娘の動画を公開写真有
政治

鹿児島離島で繰り上げ投票
首相指名、11月1日軸写真有
天皇陛下との会見調整写真有
与野党、終盤へ対決激化写真有
対北、あらゆる手段で圧力強化
スポーツ

J・トーマスが63で首位発進写真有
ロッテ、金森氏らがコーチに
リーチがW杯以来の主将復帰写真有
セーリングW杯、ノーレース
関西学生野球、関大が36度目V
経済

最上級レクサスのHV発売
アプリでプログラム授業を公開
リニアにも、改ざんのアルミ製品
スーパーカブ製造国内回帰へ写真有
セブンとヤマト、配送にEV導入写真有
国際

NZ、9年ぶり政権交代へ
対ミャンマー制裁要請、米議員団
カタルーニャ、州自治権の停止か
トランプ氏非武装地帯視察に賛否
中国共産党、規律違反で大量処分写真有
株・為替

為替相場  19日(日本時間18時)
東京株式 19日終値
ナスダック 18日終値
NY株式  18日終値
為替相場  19日(日本時間 2時)
暮らし・話題

12月電気料金、全10社値下げ
「ミライザ大阪城」が開業写真有
列車内にICカード改札機写真有
結婚式費用は354万円
訪日客消費3兆円突破、1〜9月写真有
医療・健康

病気腎移植、条件付き承認
化血研に新会社案浮上
がんゲノム病院、12カ所指定
血液検査でバセドー病再発を予測
拡張型心筋症に初の幹細胞移植写真有
科学・環境

大飯1、2号の廃炉方針を否定
月の巨大な空洞、活用に期待
玄海原発30キロ圏にヨウ素剤
日米原子力協定延長へ写真有
韓国原発で冷却材漏れ
文化・芸能

平安京でガラス製「水滴」初出土写真有
山形大、ペルーの遺跡で人骨発見
ハネムーンにも個性?写真有
「恋」がテーマの特別展写真有
里見が女流王将3連覇




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」