長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 医療・福祉 (2016年8月27日更新)
長崎新聞


ドクターヘリ越境出動へ 長崎、佐賀両県、年内に協定締結

 救急医療の専門医らが同乗して診療に当たるドクターヘリについて、長崎、佐賀両県が、必要に応じ、県境を越えて出動できるようにする相互応援協定の年内締結を目指し協議を進めている。救急医療体制を強化し、両県の患者の救命率向上につなげる狙いがある。

 ドクターヘリは長崎、佐賀両県が各1機を運用している。本県では2006年12月に導入。国立病院機構長崎医療センター(大村市)を拠点に、患者の救急搬送時などに出動している。13年度722件、14年度819件、15年度890件と年々増加し、「高齢化が進み、ニーズは高まっている」(県医療政策課)という。こうした中、本県は南北に長く、離島を抱える環境から飛行範囲が広く、要請が重なる場合の対応が課題になっている。

 一方、佐賀県は14年1月にドクターヘリを導入するまで、同県が費用負担し、本県のドクターヘリに出動を要請していた経緯がある。両県が昨年8月に結んだ連携協定で医療連携体制の強化が掲げられたことをきっかけに協議を進めてきた。

 現在、出動範囲や費用負担について協議中。同課は「出動範囲などの課題を解決し、早期の締結を目指す」としている。





   全国・海外のニュース

主要

カタルーニャ自治権を制限写真有
フィギュア、羽生はGP初戦2位写真有
投開票日、台風で大荒れ写真有
与野党党首、最後の訴え写真有
安倍政権5年に審判写真有
社会

投開票日、台風で大荒れ写真有
別生徒も「学校に行きたくない」
国民審査も22日投票
タイヤ落とした運転手聴取、岡山
台風、23日にかけて列島大荒れ写真有
政治

希望の党人事、両院議員懇談会で写真有
53市町村で投票繰り上げ
期日前投票1564万人
与野党党首、最後の訴え写真有
自治体全域「開票不能」に
スポーツ

フィギュア、羽生はGP初戦2位写真有
サッカー、柴崎はベンチ外
J1、首位の鹿島が8敗目写真有
バスケ、A東京や三河など6勝目写真有
テニス錦織が練習再開写真有
経済

民間参加でインフラ整備写真有
イオンと生協、環境枠組み参加へ写真有
ネット同時配信、半数利用と回答
「アニ文字」巡りアップル提訴写真有
FRB議長、量的緩和も
国際

アフガンでテロ、15人死亡
カタルーニャ自治権を制限写真有
中道右派が第1党の勢い写真有
米空母、韓国釜山に入港写真有
エジプト銃撃戦死者52人に写真有
株・為替

ナスダック 20日終値
為替相場  21日(日本時間 6時)
NY株式  20日終値
為替相場  21日(日本時間 2時)
東京株式 20日終値
暮らし・話題

TGC、北九州で開催
双子のチンパンジー誕生、名古屋写真有
シャンシャン生後130日写真有
リンゴ3万個で浮世絵、弘前城写真有
有明海の秋の風物詩、ノリ種付け写真有
医療・健康

1600人に医療機器使い回し
75歳以上、医療窓口負担2割に
口の中の細菌、腸難病の原因か写真有
中国の鳥インフル、哺乳類でも
臨床研究の万波氏「大きな意味」
科学・環境

東電社長、新潟知事訪問へ
奄美など世界自然遺産へ手応え写真有
韓国、原発建設の再開勧告
大飯1、2号の廃炉方針を否定
月の巨大な空洞、活用に期待
文化・芸能

将棋、永世7冠目指す羽生が先勝写真有
映画界のセクハラ黙認を後悔写真有
大英図書館でハリポタ特別展写真有
小澤征爾さん、1月の指揮降板へ写真有
小学館、毒キノコ「食用」と誤記写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」