長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 医療・福祉 (2015年12月16日更新)
長崎新聞


広がる「産後母子のケア」
訪問ケアで利音ちゃん(右)を体重計にのせる助産師の久保田さん=長崎市内
訪問ケアで利音ちゃん(右)を体重計にのせる助産師の久保田さん=長崎市内

 出産し、医療機関を退院した後の母子の心と体をケアする産後ケアの取り組みが県内で徐々に広がっている。母親の育児不安を解消し、虐待防止や少子化対策につなげようと、県から委託を受けた県助産師会が始めてから約半年。県によると、産後ケア事業は県内で初めて。予想を大きく超える利用実績を挙げている。

▼悩みの相談も

 「順調です。おっぱいだけで大丈夫そうですね」。長崎市の主婦、御手洗智恵さん(32)は、長男の体重測定結果を伝える助産師、久保田奈美さんの声にほっとした表情を浮かべた。

 この日は久保田さんが御手洗さん宅を訪問。授乳状況確認やおっぱい、背中のマッサージ、7月に出産した長男利音ちゃんの健康チェックやスキンケア、さらに生活リズムに関する悩み相談にも応じた。

 御手洗さんは「おっぱいの量が足りているか不安だったけど安心した。寝不足による頭痛もマッサージで良くなった」と笑顔。久保田さんは「お母さんたちには初めてのことが多く、不安にもなる。少しでも楽にするお手伝いをしたい」。

▼より専門的に

 事業は少子高齢化、核家族化、地域とのつながりの希薄化が進む中、親子の孤立を防ぎ「授乳がうまくいかない」「世話の仕方や生活リズムが分からない」といった悩みを緩和しようと開始。次の出産に希望を持ってもらう狙いもある。国の交付金を県が活用し、モデル事業として県助産師会に委託。事業は来年3月までの予定。

 対象は産後4カ月までの母親と赤ちゃん。妊娠・出産で母体が回復しておらず、育児に不慣れで不安を抱えがちな時期でもあり、首が据わって外出しやすくなるまでの期間を中心にサポートする。

 県助産師会会員が利用者の自宅や助産院で母体のケア、乳児の身体チェック、授乳相談などに応じる。母親の乳房の状態や子宮の戻り具合の確認など専門的なケアも。料金は県の補助により利用者の1割負担。自宅での訪問ケアは1回3時間600円で済む。市町の窓口などで案内している。

▼想定超す利用

 取り組みは6月末に開始。月40件程度の利用を見込んでいたが、7月末までの利用実績は104件に上った。口コミなどで広がり予想以上の申し込みがあったため、8月以降は原則1人1回に利用を制限。それでも開始から11月末までの利用件数は計269件、月平均54件と想定を上回る。

 6月に長女を出産した長崎市の女性(39)は、同じように環境が変わる夫と一緒にケアを受けることも大切とした上で「今の時代の育て方をプロに聞くことができる」とその良さを語る。8月に長男を出産した雲仙市吾妻町の西平千鶴子さん(37)は「マッサージでおっぱいの出が良くなった。『大丈夫よ』という助産師さんのひと言で安心できた」と効果を実感している。

 県助産師会の野間田真紀子会長はケアの必要性とともに「お母さんに『ちゃんと育ってるよ。あなたは頑張ってる』と声を掛け安心させてあげたい」と話す。

   ◇ ◇ ◇ 

 県助産師会の産後ケアは、壱岐、対馬を除く県内全域で同会に所属する助産師21人が訪問ケア、助産院で受けるデイケア、ショートステイ(産後2カ月まで)に対応する。料金は1回600〜5千円(訪問ケアの交通費は別途必要)。問い合わせ、申し込みは平日午前9時〜午後5時、専用電話080・8588・9079。





   全国・海外のニュース

主要

自公3百超、安倍政権継続写真有
首相、主要閣僚再任へ写真有
改憲勢力3分の2維持写真有
超大型台風、きょう上陸写真有
民進、希望と合流見直し写真有
社会

超大型台風、きょう上陸写真有
他人に成り済まし投票か
台風21号、欠航や運休相次ぐ写真有
台風接近、即日開票できず写真有
三重の宇陀川が氾濫
政治

自公3百超、安倍政権継続写真有
首相、主要閣僚再任へ写真有
山本前農相が比例復活写真有
改憲勢力3分の2維持写真有
松野元官房副長官が落選
スポーツ

ザルツブルク南野は後半途中出場
バドミントン、米元組は準優勝写真有
羽生ら軽やかにエキシビション写真有
ケルン大迫は無得点で途中交代写真有
ボクシング、村田TKOで新王者写真有
経済

トヨタ、台風で完成車工場を停止
経済界、政権の継続歓迎
中国、日本金属製品の検査強化へ
資生堂、国内工場で正社員登用
民間参加でインフラ整備写真有
国際

米、対北朝鮮連携へ首相続投歓迎
中国、汪洋・韓正両氏が昇格か
中国、愛国教育を強化写真有
バリ島火山、13万避難続く写真有
韓国大統領、建設再開を表明写真有
株・為替

ナスダック 20日終値
為替相場  21日(日本時間 6時)
NY株式  20日終値
為替相場  21日(日本時間 2時)
東京株式 20日終値
暮らし・話題

TGC、北九州で開催
双子のチンパンジー誕生、名古屋写真有
シャンシャン生後130日写真有
リンゴ3万個で浮世絵、弘前城写真有
有明海の秋の風物詩、ノリ種付け写真有
医療・健康

1600人に医療機器使い回し
75歳以上、医療窓口負担2割に
口の中の細菌、腸難病の原因か写真有
中国の鳥インフル、哺乳類でも
臨床研究の万波氏「大きな意味」
科学・環境

東電社長、新潟知事訪問へ
奄美など世界自然遺産へ手応え写真有
韓国、原発建設の再開勧告
大飯1、2号の廃炉方針を否定
月の巨大な空洞、活用に期待
文化・芸能

競泳五輪メダリストら講演写真有
お笑いタレント長井秀和さん結婚
邦人作品、40年ぶりに補修写真有
将棋、永世7冠目指す羽生が先勝写真有
映画界のセクハラ黙認を後悔写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」