長崎新聞
カスタム検索
長崎新聞を紹介
長崎新聞 購読お申し込み

試読お申し込み

事業部


見守りサービス


企画・特集

生活情報
休日在宅医
(県医師会)
休日歯科診療
(県歯科医師会)
天気
(日本気象協会)
長崎の逸品
きょうの歴史
とっとって
 医療・福祉 (2015年11月1日更新)
長崎新聞


知的障害者自立支援施設を訪ねて
折り紙などして思い思いに過ごす利用者ら=南島原市、普賢学園南有馬
折り紙などして思い思いに過ごす利用者ら=南島原市、普賢学園南有馬

提出した要望書を基に議論する保護者や林田施設長(奥)ら=南島原市、普賢学園南有馬
提出した要望書を基に議論する保護者や林田施設長(奥)ら=南島原市、普賢学園南有馬

 10月上旬、島原湾を望む小高い丘に立つ知的障害者自立支援施設「普賢学園南有馬」(南島原市南有馬町、林田謙一施設長)を訪ねた。作業机が並び、窓から光が差し込む開放的な部屋で、利用者十数人が思い思いに過ごしている。私は小学生のころ、ダウン症の男児を含む学級で学んだ経験があるが、障害者福祉のことはよく知らない。福祉現場で障害者と接し、保護者や職員らの思いを聞き、今を見つめた。

 正直に言うと、当初、彼らの独特の風貌や雰囲気にたじろぎ、身構えてしまった。だが施設に通ううち、ぎこちなさは薄れ、彼らも私に興味を寄せ、次第にコミュニケーションが取れるようになった。

 「バスが好き。(歌手の)徳永英明が好き」と自己紹介する人、パーカーを背後からいきなり着せてくる人。それぞれ個性があることが分かってきた。

 同施設の職員は、施設長や事務員を含め20〜60代の計9人(うち1人は育児休暇中)。朝夕、利用者を島原半島内の各自宅やグループホームなどに送迎。施設での日課は体温測定、体操、昼食、作業など。

 利用者の作業は、野菜やそうめんの袋詰め、公園の除草、ミカンやクリの皮むきなど。障害の程度によって時給百数十円から二百数十円ほどの報酬を受ける。多い人で月約2万円。利用者が育てたイモを原料にした焼酎2種類を販売しているほか、遠足や九十九島水族館(佐世保市)などへの日帰り旅行、クリスマス、忘年会といった年間行事もある。

 ■野球が好き

 ヒロト(36)=仮名=は、戦隊ヒーローや野球が好きで、いつもソフトバンクの帽子をかぶっている。50代の母親いわく「精神年齢は5歳児」。ヒロトは「テレビで毎週○○レンジャーを見る」と目を輝かせる。しゃべりだすと、なかなか止まらない。

 精神遅滞で言葉などに遅れがある。4歳のころ多動症候群と診断されたこともあった。当初、母親はそのことを受け入れきれず、世間から隠したいという思いにかられた。ヒロトのきょうだいもおり、子育てをしながら健康食品の配達や飲料の営業などさまざまなパートで必死に働いた。「20〜30代のころを思い出すと今でもつらくなる」。余裕のない時、ヒロトに心ない言葉をぶつけた。ひどく悲しげな表情に、心が張り裂けそうになった。自責、悔しさ、不安、怒り−。複雑な感情が渦巻く中で、もがき続けた。

 一方、ある福祉施設では、上司にひどく怒鳴られている職員に対し、ヒロトがすごく優しい言葉を掛けたことがあった。「この子は温かい心の持ち主なんだ」。母親は感心させられた。

 葛藤を抱えながらも夫や家族、同じ境遇の保護者らに支えられ、この36年間どうにか頑張ってきた。老後のことよりもまず、自分が死んだ後にこの子がちゃんとやっていけるかが一番の気掛かり。歯磨きや服のボタンの付け外し、社会性、集団生活の仕方、我慢すること、暴力はいけないということ−。きちんと理解させ、少しでも自立させなければならない。20代のころから絶えず、そればかり考えてきた。

 県民は推計約137万人で、南島原市民は約4万9千人。知的障害者の療育手帳交付数は昨年度末現在で、県内1万3975人分、同市内522人分。知的障害者はわずか1%の存在だが、理解が広まればもっと暮らしやすい、優しい世の中になるはず。障害者を見ても驚かず「こういう人もいるよね」と受け止め、「何か手伝うことある?」と手を差し伸べるような社会。その道筋を付けてあげるのが親の使命だと思う。

 「この子のおかげで鍛えられ、世間知らずだった自分もようやく人並みになれた。ヒロトがいてくれてよかった」と母親。まだ完全な自信はないが、葛藤を繰り返しながら少しずつ親としての覚悟ができてきたと思う。

 ■入れ替わり

 ここ数年、普賢学園南有馬では辞職が続き、多くの職員が入れ替わった。症状やこだわり、性格などが1人ずつ違う利用者。ようやく職員に慣れて「自分を理解してもらえている」と感じた頃、職員が替わり、利用者が神経質になることも少なくない。保護者からは「安定して長く勤めてほしい」といった声も聞かれる。

 職員の北岡毅(29)は、高校卒業後に知人の勧めで、ほとんど縁のなかった福祉分野に飛び込んだ。山陰会の別の施設で5年勤め、普賢学園南有馬に異動して6年目。就職後2年ほどは、驚きや困惑の連続だった。だが、上司や同僚から助言を受け、徐々に対応や声掛けの仕方などを学んだ。今の施設では既に古参の方で、後輩にアドバイスすることも多い。

 楽しそうに帰宅した利用者の保護者から「この施設に来てよかった」と感謝された時、やりがいを感じる。一方、保護者や利用者からの「歯磨きができるようにしたい」「運動して体重を減らしたい」といった要望に沿えるよう努めるが、目標に届かない時、思い悩む。「まだ勉強中です」と北岡は苦笑する。

 10月、保護者らでつくる「後援会」は役員会を開催。施設側への要望書をまとめ、提出した。限られた職員が多忙の中でもしっかり休憩を取れるような職員待遇の改善のほか、利用者に太鼓やハンドベルで音楽活動をさせてほしいこと、情報発信や情報共有のための広報紙発行など計7項目。「すぐに取り組めるものから前向きにやっていきたい」と施設長の林田。後援会も施設側も「施設がより良い方向にいくように」との思いで議論を深めた。

 ■理想の世を

 ある土曜の午後。利用者が心待ちにしていた週末恒例のドライブで、同市加津佐町の権田公園に出掛けた。利用者約20人がバスを降りると、それぞれ野球やサッカーをしたり、あずまやでくつろいだりして過ごした。

 公園内には、一般の親子連れなどのグループが犬を連れて遊びに来ていた。その犬が利用者たちのそばに走り寄った。そのとき、障害者と気付いたそのグループの大人たちは、犬を連れ戻し、そそくさと遠ざかった。

 だが、そのグループの子どもたちの行動は違った。利用者たちから「かわいい犬だね」「何犬?」などと尋ねられると無邪気に答え、しばらくの間、自然にやりとりしていた。

 秋晴れの空の下、子どもらが分け隔てなく利用者と接する光景を眺めながら、ヒロトの母親の言う理想の世の中を願った。

 

 ◎ズーム/普賢学園南有馬

 南島原市内で福祉施設や保育園などを運営する社会福祉法人「山陰会」(本田龍一理事長、南島原市深江町)が2000年、保護者の要望を受け設立。「生活介護事業」「就労継続支援B型事業」の2種類の支援を受けられる。現在の利用者は28人で、20〜30代を中心に60代まで。





   全国・海外のニュース

主要

DeNA、六回まで6―1
シリア民兵組織「ラッカ解放」写真有
首相「攻めの農業」強調
空自ヘリ墜落か、浜松沖
井山が2度目の全七冠制覇写真有
社会

空自ヘリ墜落か、浜松沖
新聞大会、平和な社会実現目指す
米軍ヘリ18日から飛行再開写真有
無線LANに深刻な欠陥
ラブホテルに女性遺体、水戸
政治

首相「攻めの農業」強調
共産幹部が小沢氏地元激励写真有
超党派の議員連盟会長が靖国参拝
トランプ米大統領来日を正式発表
首相、靖国神社に供物奉納写真有
スポーツ

DeNA、六回まで6―1
磯崎、高柳組が2位発進写真有
慶大岩見、シーズン最多タイ7号
ラグビー、松島が代表戦へ手応え
村田戦に「自信は千パーセント」写真有
経済

東京円、112円台前半
投資ファンドに運営権譲渡
VW、最上位モデル25日に発売
インドネシアでガス小売りに参入
神鋼不正、米司法当局が調査写真有
国際

シリア民兵組織「ラッカ解放」写真有
マルタ当局、爆発物を分析写真有
ロヒンギャ難民58万人超
比大統領が「解放」宣言写真有
北朝鮮、処刑者2割が薬物理由
株・為替

為替相場  17日(日本時間20時)
東京株式 17日終値
ナスダック 16日終値
NY株式  16日終値
為替相場  17日(日本時間 2時)
暮らし・話題

日光東照宮で千人武者行列写真有
羽田空港で働くロボット求む!写真有
大村さん発見の物質、像に写真有
徳島県に先進政策大賞
選挙控えコチョウラン出荷大詰め写真有
医療・健康

拡張型心筋症に初の幹細胞移植写真有
再生医療の登録制度開始
「出生前診断は必要?」
精神医療報道に17年度の大賞
骨折発生率は「西高東低」
科学・環境

大飯1、2号機廃炉へ写真有
大飯原発1、2号機の廃炉検討写真有
中性子星合体、観測チームが会見写真有
重力波と光、初の同時観測写真有
中国の宇宙実験室、地球落下へ写真有
文化・芸能

井山が2度目の全七冠制覇写真有
ゾロリ声優挑戦でワクワク写真有
「声変わりしたい」と川島写真有
モデルの知花くららさんが結婚写真有
囲碁、井山が初の全七冠復帰か写真有




長崎新聞社

〒852-8601 長崎市茂里町3-1
TEL:(095)844-2111(大代表)

 このホームページに掲載の記事、写真等の著作権は長崎新聞社または各情報提供者にあります。したがって一切の無断転載、二次利用をお断りいたします。記事へのリンクは自由です。

 ※著作権について(日本新聞協会)
スマホで長崎!!



ウェブ写真館

祝い日新聞新聞

配達スタッフ募集


会社情報
会社案内
お問い合わせ一覧
主催事業
紙面投稿案内
広告のご案内
アド長崎新聞
長崎新聞の本
アヒプイ
文化ホール
長崎書道会
カルチャーセンター
販売センター
折込センター
あんしんネットワーク
おしらせ
プライバシーポリシー

新聞著作権協議会

共同通信社

日本新聞協会

第5回地域再生大賞



長崎ばってん囲碁道場

press9

SNI 佐賀新聞・長崎新聞インターネット

Todays.jp




よんどく

第5回「いっしょに読もう!新聞コンクール」